西宮七園

← 前のページに

西宮には、○○園という「園」のつく地名が多い。
それらはいずれも高級住宅地と言われているエリアになるが、「西宮七園」という言い方は不動産会社が広告のために造った言葉だとも言われている。

夙川

誰が造った言葉かは別として、西宮七園は「苦楽園」「甲陽園」「香櫨園」「甲東園」「甲風園」「昭和園」「甲子園」の7つ。
この7つの園のうち、今はなくなっているのが1つある。
それが「昭和園」で、現在は 北昭和町・南昭和町という町名として残っている。

7つのうち駅名にもなっているのは「甲陽園」「香櫨園」「甲東園」「甲子園」の4つで、地名として使われていないのは「香櫨園」だけ。
(苦楽園は苦楽園口という駅名に見える。)

 この7つの「園」は、大正から昭和初期にかけて開発されたところが多く、温泉や遊園地、果樹園、球場、住宅として開発されるなどと成り立ちは様々。

「苦楽園」
1906年(明治39年)、今の苦楽園中学あたりに明ばん温泉>>がつくられ籠で客を運んだがとても不便で、経営はあまり芳しくはなかったようだ。
1911年(明治44年)頃からは、別荘地として開発が行われ始めた。
苦楽園という名前はその開発に関わった実業家・中村伊三郎所有の、苦楽瓢という瓢箪に因んでいる。
大正3年にはラジウムを含む温泉が発見され、保養地としても脚光を浴び香櫨園駅から馬車で運び、宿泊施設も立ち並ぶ観光地になった。
関東大震災から逃れてきた谷崎潤一郎>>が最初に身を寄せたのが、ここにあった萬象館だった。しかし、昭和13年の阪神大水害で源泉が枯渇した。
後に、湯川秀樹 氏もこの辺りに居を構えていた>>

「甲陽園」
山林だった場所を大正7年ごろから「甲陽土地」の本庄京三郎>>が開発し、現在の甲陽園駅から大池>> あたりにかけて「甲陽園」という一大レジャー施設を作り、上水道・電気を完備した住宅街として開発を行った。
甲陽園本庄町の地名は、開発者の名前から付けられた。
このあたりの開発とともに、阪急甲陽線が大正13年に開通した。
甲陽園駅の駅舎は、今でも昔の面影が残る平屋建ての駅舎で2003年の第4回近畿の駅百選に選ばれている。
谷川流氏の「涼宮ハルヒの憂鬱」>>を原作にしたアニメに出てくる駅として、ファンの中で聖地になっている。

「香櫨園」
1905年(明治38年)に阪神電車が開通した。
香櫨園という名前は1907年(明治40年)に大阪の豪商の香野蔵治と櫨山喜一が、今の阪急夙川駅の西側あたりに作った香櫨園遊園地に由来する。(二人の名前からとっている。)
香櫨園遊園地にあったウォーターシュートは今の片鉾池>>に着水していた。
当時は、阪急電車はまだ開通しておらず、阪神の「香櫨園駅」>>が最寄りだった。
1913年(大正2年)に廃園となり、その後一部の博物館・泰楽堂の施設は夙川の河口に移された。
香櫨園は駅名としては存在するが、地名としては存在していない。

「甲東園」
1894年に大阪殖林合資会社が今の上甲東園あたりに果樹園を作り、その果樹園を甲東園と名づけたのが「甲東園」という名前の始まり。
実際は大地主で大阪殖林の経営者である芝川家の別荘の役割だった。
1921年に現在の今頭北線が開業した際は、小林駅と門戸厄神駅の間に駅がなかったが、翌年に芝川家が無償で阪急に土地提供する形で甲東園駅が開設された。
元の果樹園のあたりが、関西学院大学や県立西宮高校、甲陵中学校などが建てられている、又、現在の甲東公民館横の甲東梅林>>は、果樹園の唯一の名残り。

「甲風園」「昭和園」
阪急電鉄が1930年ごろから開発を行った住宅地。
甲風園は、阪急電車の西宮北口駅>>の北西側で電車の線路から津門川の間。駅の近くは飲食店や塾が多くなっている。
昭和園は、今は北昭和町・南昭和町となっていて、昭和園はない。
ここも阪急電鉄が開発した住宅地。津門川と今津西線の間のエリア。
「昭和園」の名残りはほとんどないが、神戸線の西宮北口駅の西側にある踏切が「阪急昭和園道踏切道」になっている。

「甲子園」
球場ができた1924年が 十干十二支の甲子年(きのえねとし)だったことから、甲子園大運動場の名前になった。高校野球を開催をするために造られている。
その後、甲子園大運動場→甲子園球場に名前が変わった。
甲子園駅>>は1924年(大正13年)8月1日 に臨時駅として開業し、1926年からは通常営業の駅となっている。
甲子園の特集コーナーはこちら>>






Table of Contents