西宮北口駅

西宮北口駅

阪急電鉄の駅。現在は副駅名が阪急西宮ガーデンズ前駅になっている。

西宮北口駅

近年、住みたい街ランキングでは「西宮北口」が連続で上位に来ている人気エリアにある駅。
駅には、北改札口・南改札口・東改札口・南東改札口と4か所の改札口がある。
   (『西宮北口駅南東改札口』では『東西南北』がすべて揃う。)

東改札口を出て、そまま階段で降りると、西宮北口駅東南ひろばがあり、この広場も東西南北のすべてが揃う。

西宮北口駅東南改札口
西宮北口駅東南ひろば


この『西宮北口駅』の車内アナウンスを『いつの日か来た道』と聞き間違えたことから始まる小説が、2014年に 増山実氏>>による「勇者たちへの伝言」>>として発表されている。

阪急電鉄神戸本線が開通した1920年(大正9年)から開業し、その後1921年(大正10年)には宝塚までの西宝線が開通し、さらに1926年(大正15年)には今津駅までが開通したことで、宝塚ー今津間が今津線となり 西宮北口駅で本線の神戸線と今津線が平面で直角に交わる『ダイヤモンドクロス』>>が出来上がった。
このダイヤモンドクロスは、1984年(昭和59年)に駅の改修工事で廃止となった。

ダイヤモンドクロス
写真提供:西宮市情報公開課

ダイヤモンドクロスの鉄路が、駅の南東側にある「高松ひなた緑地」にはモニュメントとして置かれている。
また、阪急西宮ガーデンズの5階のシネマのよこにあるギャラリーには、ダイヤモンドクロスのあった頃のジオラマが飾られている。

ダイヤモンドクロス
ガーデンズの北側にあるダイヤモンドクロスの鉄路


昔は、西宮北口駅のことを「キタグチ」と呼んでいたが、最近は「ニシキタ」と略す人の方が多くなっている。

2階コンコースにはカリヨン>>が設置され、待ち合わせの場所になっている。

駅からデッキで2つの商業施設(アクタ西宮・阪急西宮ガーデンズ)と、兵庫県立芸術文化センターにつながっている。

駅の北東には小さな駅前公園があるが、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」>>の聖地となっており、シンボルの時計塔がある。
また公園の前にある野村證券のショーウィンドーには「アニメ聖地88ヶ所」の聖地認定プレートが飾られている。


駅の北側に第一踏切>>がある。

投稿日時 : 2020-09-04 18:21:17

この記事の著者

編集部|J

『西宮流(にしのみやスタイル)』の立ち上げ時からのスタッフ。
日々、様々な記事を書きながら西宮のヒト・モノ・コトを繋ぎます。

こちらの記事もおすすめです

用語集 カテゴリ