西宮流 用語集

生瀬水道橋

← 前のページに

武庫川の上を通る水道管の保守点検用の細い橋が、住民の便利な通行橋になっているところがある。
場所は、宝塚駅から上流側の車が通る「生瀬橋」から、200メートルほど下流。

住所で言うと西宮市宝生ヶ丘と生瀬東町を繋ぐ位置関係。
ちょうど、ウィルキンソン記念館>>の前から対岸に伸びている。

武庫川の左岸(生瀬東町側)の橋のたもとには「宝塚市上下水道局」の施設があり、「大雨/暴風のため通行止め」という看板もあり、天候によっては閉鎖される橋だというのがわかる。
「宝塚市上下水道局」の施設だが、住所的には西宮市になる。
反対側の宝生ヶ丘側にも、橋に上がるところに注意の看板と金網の扉が設置されている。

宝生ヶ丘側からの上がり口
生瀬東町側をの宝塚市水道局の建物横の入り口
生瀬東町側を望む
幅 60センチほど

狭い橋・・・とは聞いていたが本当に狭い。
実質60センチほどの幅なので、すれ違いはお互いに欄干に上半身を預けるようにしてすれ違うことになる。
長さは約100メートルほど。

西宮には、向こう側から人が来ないことを確認してから、思いっきり腰をかがめて通る「まんぼう トンネル」>>があるが、こちらの水道橋もなかなかスリリングな場所になっている。

少し見ていただけだけど、思っていたより多くのかたが利用されている地域の橋のようだった。