西宮神社(えべっさん)

← 前のページに

福の神のえべっさんを祀る戎神社の総本社。
地元では、親しみと敬愛を込めて「えべっさん」という。

本殿は珍しい三連春日造(さんれんかすがづくり)。
国宝だった本殿は昭和20年の空襲で焼失し、昭和36年に 桧皮葺から銅板葺に 変えて再建された。

西宮神社

向かって右が第一殿で、蛭児大神
真ん中には天照大御神と大国主大神を配祀
左が第三殿で須佐之男大神

一番右に戎大神がおられるという事で、拝殿の右側上部を見ると、網で守られた金の鯛>>が奉納されている。

西宮神社の一番の年中行事といえば1月の十日えびす。9日の宵えびすから11日の残り福まで3日間で100万人以上が参拝すると言う。
また昔から、 居籠りが明けた1月10日の早朝(午前6時)の表大門の開門を待ちかねて各家々から走って参る走り参りという風習があったが、今では開門神事・福男選び➡︎ となり、深夜にくじ引きをして参加者が選定される。

また、テレビなどの取材も多くなり、福男の神社として有名になってきた。
本殿前に奉納される大マグロ➡︎ にお金を張り付けるのも珍しい。

十日えびす 西宮神社

西宮神社ならではのものが「逆さ門松」➡
年末年始や十日戎のお参りの時に、拝殿前にある大きな「逆さ門松」に注目!!
これは、背の低いえびす様が市内を巡幸される時に、門松の松葉が上を向いていると目を着いてはいけないからと、神社の近くでは門松を逆さまにしたという。

逆さ門松
逆さ門松

開門神事・福男選びの記事はこちら➡︎

明治32年 北辰馬家が馬を奉納した時の様子
西宮市情報公開課提供

1月からちょうど半年の7月7日七夕から始まる夏えびすも賑わう➡︎

夏祭、えびす万燈籠
西宮神社の夏祭りは、江戸時代末には始まっていたようですが、万燈籠として賑やかになったのは近年の事で、ことに蝋燭の灯りで光の回廊のように彩るようになったのは平成15年頃からのようです。

西宮流のマスコットのぽっつ君、正装でお出かけです(笑)

9月21日〜23日の秋の例大祭・西宮まつりはだんじり巡行や船渡御が行われる➡︎

東に向いて建つ表大門(おもてだいもん)は、通称赤門(あかもん)と呼ばれており、その左右に連なる大練塀(おおねりべい)と共に 重要文化財に指定されている。 (2020年赤門と練塀の一部が修復工事がされた。)

この 大練塀は、熱田神宮の信長塀、三十三間堂の太閤塀と共に日本三大練塀と称されている。
この練塀に使った土は、現在のニテコ池から採取したと言われており、ニテコ池の名前の由来ともなっている。

ニテコ池に関する記事はこちら➡︎

境内には六 英 堂(旧岩倉邸 )がある。
明治天皇が、病に伏している岩倉具視を見舞った時の離れだが、東京丸の内の岩倉邸にあったが、その後転々として昭和52年にここに移された。
詳しくはこちら➡︎六 英 堂(旧岩倉邸 )境内には六 英 堂(旧岩倉邸 )がある。
明治天皇が、病に伏している岩倉具視を見舞った時の離れだが、東京丸の内の岩倉邸にあったが、その後転々として昭和52年にここに移された。
詳しくはこちら➡︎

西宮神社
西宮神社の祈祷殿
(本殿復興50周年を記念して、平成22年に完成)

西宮神社の公式サイトはこちら➡︎

Table of Contents