招福大マグロ奉納

← 前のページに

十日戎(1月9日〜11日)に先立って、8日の9時半ごろには神戸市東部水産物卸売協同組合などから巨大なマグロが奉納される。
このマグロの奉納は、神戸市東部中央卸売市場が開設されたのを機に、大漁と商売繁盛を願って昭和45年から始まった。

十日えびす 西宮神社

トラックに乗せられた冷凍マグロが拝殿に供えられ神職によってお祓いされる。大きさは毎年少しずつ違うが、体長2.5〜3m、重量250〜300㌔の大物。
刺身にすると約1300人分にもなるという。
最近は漁獲量規制などもあり、大きいサイズのものを入手するのがむつかしく、「良いのが揚がったら」と翌年の分を頼んでいるそうだ。
大マグロの横には大きい鯛も奉納され、2008年からは同市場の青果卸売協同組合が青果も供えられている。

近年、本殿前に置かれたマグロに賽銭を張り付け、商売繁盛や豊漁等の願を掛けるのが西宮神社十日えびすの名物の一つとなっている。
毎年数万枚の貨幣が張り付けられるという「招福大まぐろ」だが、お金を貼り付けると「お金が身につく」と大変人気があり、十日戎の参拝時にはマグロの前に行けるコースが混雑することが多い。

Table of Contents