すす払い(西宮神社)

← 前のページに

12月27日 午前10時 から本殿での煤払祭のあと、神職が白衣袴で、 長い笹竹のはたきで三連春日造りの本殿内部をはじめ、天井近くの柱や壁などのほこりも落とし、境内の各所で門松を立てたり、注連縄を替えたりと迎春準備が進められていきます
こうして正月から十日戎にかけて、西宮神社は大勢の参拝客を迎える準備を行います。

逆さ門松 こちらの記事もどうぞ >>>

タグ:
Table of Contents