頼山陽

← 前のページに

頼 山陽(らい さんよう、安永9年12月27日1781年1月21日) – 天保3年9月23日1832年10月16日))は、大坂生まれの江戸時代後期の歴史家思想家漢詩人文人。幼名は久太郎(ひさたろう)、名は(のぼる)、字は子成山陽、三十六峯外史と号した。主著に『日本外史』があり、これは幕末尊皇攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。贈正四位[1]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』最終更新 2019年4月21日 (日) 08:14 
頼山陽歌碑
甲山森林公園にある頼山陽の歌碑

その頼山陽が京から故郷の竹原に住む親の元へ帰る道中でいつも見る、丸いぽこんとした甲山がきっと気になっていたのだろう。
甲山に心境を託して、頼山陽が書いた漢詩を刻んだ碑が西宮ライオンズクラブによって甲山森林公園に建てられている。

関連記事はこちら➡︎

Table of Contents