*

兵庫県下のだんじりあれこれ

      2014/09/09

特別講演会「兵庫県下の曳山・だんじり・屋台あれこれ」 
2012年8月18日(土) を聴講しての感想をご紹介します。

あちこちの祭りを研究されている西尾嘉美さんのお話をスライドを見ながら
いろいろな違いをおもしろく聞きました。

まず、神輿は神様を乗せて担ぎ上げて運ぶもので、ヤマ(だんじりや山車の総称)は
それについてまわるお囃子などの人を乗せて引っ張るものだそうです。
そういえば数年前に東京の三社祭かなにかで、神輿の上に人が乗ることが
問題になったと聞いたことがありますが、確かに神様の上に乗ってはダメですよね。

全国各地で、豪華に飾られた京都祇園祭の鉾や、行灯仕立ての東北のネプタや、
移動演芸舞台のような長浜の曳山や、曳いて走り回る岸和田のだんじりなど
いろいろなタイプのヤマがあることが紹介されました。

また兵庫県下でもさまざまなタイプのヤマがあり、それは旧五国(摂津・播磨・但馬・
丹波・淡路)が合併して兵庫県となったことが影響しているのかもしれないそうです。

大きく分けると、淡路・三木・明石あたりの布団太鼓、高砂・西脇あたりの反形屋根の
布団太鼓、姫路・赤穂あたりの神輿によく似た屋根のもの、篠山あたりの牛車のような
車輪のついている曳山、阪神間の二重唐破風型屋根のもの、となるそうです。

  

 
                   (上の写真は今日の講演でのスライドを撮ったものです) 

また、姫路の総社には三山(みつやま)という動かないヤマもあるそうで、これは
20年に一度おこなわれる祭りで、次回は来年平成25年におこなわれるそうなので、
行ってみたいと思いました。

                          .
西宮市立郷土資料館 第28回特別展示「西宮の祭礼-だんじり巡行を支える人びと-」
日時:平成24年7月31日(火)~8月31日(金) 10:00~17:00(入館は16:30)
休館日:毎週月曜  入館料:無料

 

 -歴史講座・現地見学会など,

  関連記事

西宮の祭礼の展示解説

郷土資料館の特別展示について、学芸員さんの調査中の苦労話を交えながら、それぞれの 神社や氏子会などの

江戸時代の神事と仏事

2015年12月9日(水)の歴史講座「江戸時代の神事と仏事」を聴講した感想ご紹介します。 尼崎藩の大

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周

下山口上山口のだんじり小屋

西宮市北部の山口町のだんじり庫の見学会に参加しました。 郷土資料館の企画で普段は見れない飾り付けをす

老松古墳現地説明会

2012年6月3日、苦楽園にある西宮市指定史跡「老松古墳」の史蹟整備が完了したことに ともなう現地説

摂津国の古代集落

2016年2月10日(水)の歴史講座「摂津国の古代集落」を聴講した感想ご紹介します。 講師の山田暁学

西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―

2014年12月17日(水)の歴史講座「西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―」 を聴講した感想ご紹介し

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

西宮市立郷土資料館

西宮の後期古墳

第36回特集展示 「西宮の後期古墳」 2011年11月29日(火)~2012年1月29日(日)  西