*

調査団 古文書班・120822・よく似た崩し字

      2014/09/18

久しぶりの古文書班の活動でした。
「一ヶ月ぶりだとせっかく慣れてた頭がにぶってるなぁ」と苦笑いしながらの翻刻です。

漢字が崩されすぎてまったく見当もつかないということで読めない文字もありますが、
それよりも一応読めるのだけれどちょっと疑問が残るという文字が手ごわいです。

私の場合、まず1ページ目(写真左)に出てきたこの名前、何のためらいもなく
「大明屋茂兵衛」と読みました。
ところが次のページ(写真右)になると同じ文字をこれまたためらいもなく「宮武屋ふさ」と
読んでしまい、ん?と手が止まってしまいました。

古文書

茂兵衛と武兵衛はどちらもありそうだし、宮茂屋よりは宮武屋のほうがありそうですが
どちらとも決めかねて、いったん空欄にして読み進めていくと、またまた似た字が登場!
これはどう見ても「加茂屋」ですね!

宗門帳

この2グループをよーく見ると、左下から右上にくるっと上がるカーブの感じとか、
最後の点を打つ位置とか、この書き手さん独特の微妙な違いがありますね。

今後出てきても悩まないように手帳にメモして控えておきましたので、今日の活動でも
何度も見直して作業していったのですが・・・。
またまた別のよく似た崩し字「文」と「久」が登場してしまいました(>_<)

-活動日2012.8.22.(水) 団員7名+学芸員1名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・180511・浜東町確認作業

今年度古文書班に加わった2人の新人さんは、最後に残った宗門帳を ノートに書き写す作業を担当することに

調査団 古文書班・130917・真言宗旦那寺

真言宗の寺は西宮町に一つと、そのほか現西宮市域にいくつかあったようで いろいろな村名が出てきました。

調査団 古文書班・160106・よく似た崩し字

新春早々の調査活動日でした。 先月は都合悪く出席できなかったりしたのでほぼ一月ぶりで、なんとなく 頭

調査団 古文書班・150515・浄土宗旦那寺

そういえば、浄土宗の旦那寺一覧を紹介していなかったことに気づきました。 まだ自分が浄土宗分の調査にか

調査団 古文書班・幼い戸主

昨年の翻刻の中で若い戸主を紹介しましたが、またまた幼い戸主がいました。

調査団 古文書班・120912・よく似た崩し字

人名を読んでいくうえで間違えそうだなぁと思っていた文字がとうとう出てきました。 「文」と「久」です。

調査団 古文書班・150624・幼い戸主

今までに幼い戸主として 10才と5才を紹介しましたが、今度は2才です。 釜屋伊之助 年弐     (

調査団 古文書班・151112・水帳絵図

先日「水帳(みずちょう)絵図」などの史料を学芸員さんが調査撮影している 様子を見学させてもらいました

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

調査団 古文書班・160219・養父

続柄のいろいろを紹介していますが、初めて「養父(ようふ)」がありました。 パッと見て「養」には見えな