*

調査団 竜吐水班・龍骨車師

   

リウコシヤ」を調べていて、竜骨車を作る職人の資料を見つけました。


国立国会図書館デジタルコレクションより 『人倫訓蒙図彙』6巻コマ16
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2592444

————————————————————–
龍骨車師 (りうこしやし)
民間 (みんかん) にこれを求 (もとめ) て田 (た) の流れを仕縣 (しかゝ) る也
大坂天神橋 (おほさかてんじんばし) の西 又四郎これをつくる
————————————————————–

人倫訓蒙図彙(じんりんきんもうずい)とは元禄3年(1690)に発行された風俗事典で、
いろいろな身分や職業が説明されています。
ここに竜吐水師もあれば別物だと分かると思って探したのですが、竜吐水の
ルーツがオランダから伝来したのは享保年間(1716~36)とされているので、
この本の発行時にはまだない仕事でした、残念。

- 竜吐水調査に関連する調べ物の覚書 -


これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -竜吐水班

  関連記事

調査団 竜吐水班・170426・収蔵品調査

平成29年度の竜吐水班活動は、西宮市立郷土資料館に収蔵されている消防道具 いろいろについて再調査から

調査団 竜吐水班・江戸丁々火用心道具品数附

『江戸丁々火用心道具品数附』という資料、縦35cm横70cm程の大きな紙にぎっしりと書かれている中か

調査団 竜吐水班・160308・山口地区消防分団

竜吐水班二回目の消防分団調査は山口地区へ行きました。 船坂分団の火の見櫓には今も半鐘が吊り下げられて

調査団 竜吐水班・190326・名塩分団

年度末の報告会は終わりましたが、その後も年度内ぎりぎりまで調査活動をしました。 今回は名塩分団に伺っ

調査団 竜吐水班・161115・大庄屋岡本家

瓦林の大庄屋岡本家にも竜吐水が残っているということで調査に行きました。 こちらには二台の竜吐水が残さ

調査団 竜吐水班・火の用心見立そうし

「火の用心見立そうし」という資料の中にも竜吐水の挿絵がありました。国立国会図書館デジタルコレクション

調査団 竜吐水班・191009・鳴尾東分団

鳴尾東分団の調査に伺いました。 法被や団旗や昔の集合写真などを調査させていただきました。昔は火の見や

調査団 竜吐水班・龍こし龍吐水

前に「リウコシ」とは何か? 竜吐水か竜骨車か? と書きましたが、そのふたつが並んで出てくる資料があり

調査団 竜吐水班・160311・竜吐水細工所

竜吐水調査一年目に見た西宮市内に残る竜吐水の製作所の焼印です。 下大市永福寺「龍吐水/(不明)」 天

調査団 竜吐水班・180414・消防ポンプ調査

今年度も西宮歴史調査団の活動がスタートしました。 5人の新加入メンバーと一緒に楽しく調査活動が出来た

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です