*

調査団 竜吐水班・草双紙の火の見櫓

      2020/08/09

火事がないか見張るための施設「火の見櫓」はかなり立派に描かれています。
馬喰町の図の火の見櫓は実際にここまで高かったとも思えませんが、感覚としては
本当にこれぐらい目立って感じていたのかもしれません。
天保5 (1834)「江戸名所図会」1巻コマ62

安永8 (1779)「繪本江戸みやげ」コマ5  寛政元 (1789)「嘘無箱根先」コマ8
 
櫓には火事を知らせる半鐘も架かっているようすもわかります。
また高いはしごに半鐘が架かっているだけの「火の見はしご」も風景の中に
にょきっと描かれていることもあります。
これは見張り用に長居はできそうにないから、いざ火事を知らせる時に上って
半鐘を叩いて火事を知らせるものでしょう。
寛政8(1796)「万八伝」コマ15      天明3 (1783)「御先癖下手横好」コマ14
 
火の見の櫓やはしごは自身番屋の上に作られることが多いようです。
史料は国立国会図書館デジタルコレクションより。

———– 追 記 ——————————————————————
自身番の上の火の見の様子を説明している本を見つけました。
『イラスト図鑑 大江戸暮らし』大江戸探検隊/編著 (PHPエディターズ・グループ) 1999年
屋根の上に火の見台(物見台)があってそこにはしごが取り付けられているようです。
また入り口には消火道具と捕物道具が備え付けられています。

- 竜吐水調査に関連する調べ物の覚書 -


これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -竜吐水班

  関連記事

調査団 竜吐水班・草双紙の用水桶(地上)

草双紙の中に竜吐水の挿絵を探しましたがほとんど見つからず、そのかわりにいくつも見かけたのが、火事に備

調査団 竜吐水班・160117・生瀬浄橋寺

毎年1月26日の文化財防火デーの頃にお寺などで防火訓練が行われています。 今年は竜吐水を調査している

調査団 竜吐水班・龍虎車

「りうこし」についてまた新しい表記の資料がありました。竜骨車などを使って水を屋根の上にあげる、という

調査団 竜吐水班・消火道具

消防道具の図に名前が描かれていますが読めますか?国立国会図書館デジタルコレクションより『火水風災雑輯

調査団 竜吐水班・大火大事安全明王

偶然に竜吐水の絵をいくつか見つけました。国立国会図書館デジタルコレクションより 『火水風災雑輯(2)

調査団 竜吐水班・180522・北村源兵衛

生瀬の浄橋寺にある竜吐水を制作した北村源兵衛の御子孫が今もいらっしゃると わかり、大阪玉造にある株式

調査団 竜吐水班・火之用心三十六歌仙

前に紹介した「おゝ津ゑぶし、そうかへぶし」の中の「火之用心三十六歌仙」には和歌をもじったものとそれを

調査団 竜吐水班・150614・活動開始

今年度から、竜吐水(りゅうどすい)班がスタートしました。 まずは担当学芸員からメンバー募集の案内を兼

調査団 竜吐水班・新板手遊火消道具尽

おもちゃ絵とは、絵双六やカルタと共に、近世後期から近代にかけて製作・出版された千代紙風の図鑑的な知育

調査団 竜吐水班・170426・収蔵品調査

平成29年度の竜吐水班活動は、西宮市立郷土資料館に収蔵されている消防道具 いろいろについて再調査から