西宮流へ戻る

調査団 竜吐水班・新板手遊火消道具尽

おもちゃ絵とは、絵双六やカルタと共に、近世後期から近代にかけて製作・出版された
千代紙風の図鑑的な知育玩具です。(東京学芸大学附属図書館デジタルアーカイブより)

生活の道具を集めた物尽くしのテーマで消火道具尽の資料がありました。
国立国会図書館デジタルコレクションより『新板手遊火消道具尽』
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1304024

カラフルな挿絵にそれぞれ名前が書かれています。

ひようしき、さつまた、弁当のぼり、まとゐ、てうちん、長てうちん、役てうちん、
弁当てうちん、□いひやう、消ふだ、とびくち、手かぎ、長半天、たいこ、はんてん、
はんしやう、べんとう箱、げんば、かわはをり、はしご、づきん、龍吐水

左上の黒いものが紐でつながっているものが字も読めず物もわかりません。
あとは「弁当のぼり・ちょうちん」と読みましたが、岡持ちを背負うような
弁当箱も出てくるのもよくわかりません。
たしか他の資料でも弁当云々といった資料があったように思うのですが、
命がけの力仕事でおなかがすくとやってられないということなのでしょうか?

- 竜吐水調査に関連する調べ物の覚書 -


これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました