*

調査団 竜吐水班・190423・古文書解読

      2019/04/26

竜吐水班は新メンバーの参加はなく、引き続きぼちぼちと調査を進めます。
なのですが、なぜか今年度初回の打ち合わせは古文書を読んでいます。

これは江戸時代の記録に竜吐水に関係するものが残っていないかと探してみたら
火事に関する記録がみつかり、古文書の読める班員で手分けして解読中なのです。
今回文書の概要を聞くとなかなか興味深い内容のようだと分かってきたので、
こちらもぼちぼちと調べていくことになりました。

 

-活動日2019.4.23.(火)  団員6名+学芸員2名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -竜吐水班

  関連記事

調査団 竜吐水班・160328・調査用メモ

竜吐水調査の一年目が終わりますが、消防分団などに調査に行った時に 私がちゃんとした名前を知らなかった

調査団 竜吐水班・火之用心三十六歌仙

前に紹介した「おゝ津ゑぶし、そうかへぶし」の中の「火之用心三十六歌仙」には和歌をもじったものとそれを

調査団 竜吐水班・火の用心見立そうし

「火の用心見立そうし」という資料の中にも竜吐水の挿絵がありました。国立国会図書館デジタルコレクション

調査団 竜吐水班・草双紙の用水桶(屋根上)

草双紙を見ていると家々の屋根の上に何か載っているのに気が付きました。調べてみると、これも火事に備えて

調査団 竜吐水班・180522・北村源兵衛

生瀬の浄橋寺にある竜吐水を制作した北村源兵衛の御子孫が今もいらっしゃると わかり、大阪玉造にある株式

調査団 竜吐水班・190529・鳴尾消防署

事前確認では古いものはほとんど残っていないけれどというお話しでしたが、 鳴尾消防署へ調査に伺いました

調査団 竜吐水班・160709・収蔵品調査

各地の消防分団など調査に行っている竜吐水班ですが、西宮市立郷土資料館に 収蔵している竜吐水について調

調査団 竜吐水班・170426・収蔵品調査

平成29年度の竜吐水班活動は、西宮市立郷土資料館に収蔵されている消防道具 いろいろについて再調査から

調査団 竜吐水班・野和魔獅子

竜吐水や用水桶などの消火道具で出来た怪しげな獅子舞?が目を引きます。国立国会図書館デジタルコレクショ

【中止】令和元年度西宮歴史調査団活動報告会

新型コロナウィルス感染症の国内での感染発生に伴い、 西宮歴史調査団2019年度活動報告会は中止となり