西宮流へ戻る

調査団 竜吐水班・江戸丁々火用心道具品数附

『江戸丁々火用心道具品数附』という資料、縦35cm横70cm程の大きな紙に
ぎっしりと書かれている中から一部抜粋です。
国立国会図書館デジタルコレクション『火水風災雑輯(1)』コマ46。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2592140

タイトル部分には、消防道具のはしご・金棒・さすまた・提灯・とびくち・のぼり・
桶・竜吐水が描かれています。
町火消いろは四十八組の装備の一覧かとも思ったのですが、よく見ると
町の名前ごとに分けられているので、各町々の自治会?の自衛組織のための
防火用具「火用心道具」(タイトル通り)の一覧ですね。


江戸の町の様子が全く分からないので○○町がどのくらいの規模なのか
見当がつかないのですが、どの町も同じような種類の道具を備えています。
「はしご」「りうこし」「げんば」「ておけ」は大体持っているようで、
そのほか「つるべ」「かごつるべ」などあり、それらは通りや屋根の上の
用水桶に水を汲み揚げて備えておくものではないかと思います。
ごくまれに「天りう水」(天竜水・竜吐水)や「水でつほう」(水鉄砲・竜吐水の
ピストン部分のみのようなもの)を持っているところもありますが、これも
水を汲み揚げるのが目的ではないでしょうか。

「たかはり」「長でうちん」などの提灯と、町名を示す幟があるところでは
その図案が描かれているようで、これらは火の用心の警戒中やまたは火事消火の
応援に行ったときに手伝いに来たとアピールするための物ではないでしょうか。
又ごくまれに「さすまた」の絵が描いてある町もあります。

今まで読んだ江戸の消防に関する本の中では、消火の七つ道具として玄蕃桶や
さすまたや鳶口などは出てきましたが「りうこし」は見たことがありませんでした。
でも年代は不明ですがこの資料には「りうこし」だらけですので、防火道具としては
一般的なものだったのではないでしょうか。
前に書いた農具の竜骨車と全く同じものかわかりませんが、同様の物があっただろうと
いうところまではわかったので、この二か月程悩んでいた問題が一応解決した事にします。

- 竜吐水調査に関連する調べ物の覚書 -


これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました