西宮流へ戻る

調査団 竜吐水班・火の用心見立そうし

「火の用心見立そうし」という資料の中にも竜吐水の挿絵がありました。
国立国会図書館デジタルコレクションより 『火水風災雑輯(1)』コマ26 下
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2592140

左ページは竜吐水の腕木を押しています。
文章を読んでも意味の分からないところもあるのですが、本当の火事では
なくて消火訓練か準備の様子ではないかと思われます。
——————————————————————-
店子か骨ををり相
源こう 手めへは玄馬かおらア龍吐水の役ヨ
わたしや龍越 ぬしは玄馬 
やかてこゝまなきよくに
おけならはツとんたはるさめたアヽさむい 〃 〃
モウ四五軒水をあげたら自身ばんで一へいおみきをあけなくちや
につちもさつちもいけねへ龍吐水の水の音  キイチヨ 〃 〃 
——————————————————————-
家を借りている店子の骨折り仕事について、竜吐水役と玄蕃桶役がいて、
もう4~5軒水を上げたら自身番で酒でも飲まないと寒くてやってられない
と、屋根の上に水を上げて火事に備えて溜めておいてる?のでしょうか。
別資料の「りうこし」と合わせて、天水桶が屋根の上にもあったかなど、
また気になる事が増えました。
 <追記> 天水桶は屋根の上にもあるものだと分かりました。
 江戸東京博物館Facebookに中村座の屋根の上が紹介されていました。

  
コマ14と15に消防道具の絵があり、コマ27には家主が忙しいという
愚痴の中に「龍吐水だのげんば(玄蕃桶)だの半天だの金棒だの」と
出てきたのですが、読めない文字もあって内容不明です。

序文に嘉永五年(1852)11月下旬とある資料でした。

- 竜吐水調査に関連する調べ物の覚書 -


これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  コロナ感染流行防止のため休館中

タイトルとURLをコピーしました