*

文化財防火デーの消防訓練

   

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である
法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことに基づいています。
この事件は国民に強い衝撃を与え,火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する
世論が高まり,翌昭和25年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定されました。
(文化庁HPより引用)


という事から毎年1月26日前後に各地の文化財で防火訓練が実施されています。
今年の西宮市防火訓練は西宮神社で「午前10時頃、西宮神社の拝殿東側控室から
出火し、拝殿内に逃げ遅れが1名いる。また、古文書を所蔵している社務所へ
延焼拡大する可能性が高い。」(西宮市HPより)という想定だったそうです。


神社の人が119番通報しまずは消火器で初期消火、やがて消防車が来て
放水準備する横で現場指揮本部が設置されました(上右写真)。


要救助者の応急手当や西宮市重要文化財(西宮神社御社用日記)の移動なども
行っていたはずですが、放水訓練に目を奪われていて気が付きませんでした(笑)


訓練に参加したのは袴姿の神社職員、オレンジのコートの浜脇消防団員、
紺や茶色の消防服の西宮市消防局員でした。
文化財も各家庭でも火事を起こさないように気を付けましょう。

 

 -まち歩き, 歳時・伝統行事

  関連記事

白鹿の酒林の付け替え

新酒が出来た印として酒屋の軒先につりさげられたという「酒林(さかばやし)」。 白鹿(辰馬本家酒造)の

マンボウトンネル

まんぼうトンネル

JR神戸線の下をくぐる人が通れるほどの小さなトンネルを通称「まんぼう」と言います。 西宮市内に三つあ

岡太神社の一時上臈

公開インタビュー「岡太神社宮司に聞く」2014年11月30日(日)という講座が 鳴尾図書館であったの

大坂城石垣石丁場 東六甲石丁場跡

六甲山に広がる徳川時代の大坂城再築用の石切り場については今までにも 郷土資料館の学芸員による講座があ

上ヶ原周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの6回目は仁川か

西宮歴史散歩「甲東園地区」

第47回西宮さくら祭「西宮歴史散歩」に参加することが出来て、白鹿記念酒造博物館の 名誉研究員の山下忠

名塩八幡神社の秋祭り

夏にだんじり小屋を見学に行った名塩の八幡神社の秋祭りに行ってきました!   夏に開催されただんじり小

西宮神社御社用日記虫干し

西宮神社で兵庫県と西宮市の指定重要有形文化財である「西宮神社御社用日記」の虫干しが公開されるというの

岩倉具視

名塩八幡神社のとんど

名塩八幡神社では、成人の日または1月15日に近い休日に左義長(とんど)が おこなわれますが、早朝の4

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、