*

文化財防火デーの消防訓練

   

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である
法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し,壁画が焼損したことに基づいています。
この事件は国民に強い衝撃を与え,火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する
世論が高まり,翌昭和25年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定されました。
(文化庁HPより引用)


という事から毎年1月26日前後に各地の文化財で防火訓練が実施されています。
今年の西宮市防火訓練は西宮神社で「午前10時頃、西宮神社の拝殿東側控室から
出火し、拝殿内に逃げ遅れが1名いる。また、古文書を所蔵している社務所へ
延焼拡大する可能性が高い。」(西宮市HPより)という想定だったそうです。


神社の人が119番通報しまずは消火器で初期消火、やがて消防車が来て
放水準備する横で現場指揮本部が設置されました(上右写真)。


要救助者の応急手当や西宮市重要文化財(西宮神社御社用日記)の移動なども
行っていたはずですが、放水訓練に目を奪われていて気が付きませんでした(笑)


訓練に参加したのは袴姿の神社職員、オレンジのコートの浜脇消防団員、
紺や茶色の消防服の西宮市消防局員でした。
文化財も各家庭でも火事を起こさないように気を付けましょう。

 

 -まち歩き, 歳時・伝統行事

  関連記事

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周

名塩のだんじり小屋

名塩のそう広くない地域ですが7町が持っているだんじり庫を見学に行きました。 次々と案内してもらいあれ

2009 越木岩神社

夏越の祓い

一年の半分が過ぎようとし、年に二度ある厄除行事である大祓(おおはらえ)の、 「夏越の祓(なごしのはら

瓦木周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に 現地を見学するウォークに参

2012.7.8.

福應神社の夏祭

この夏の郷土資料館の特別展示は西宮市内の神社のだんじりについてです。 それに関連して祭りやだんじりを

白鹿の酒林の付け替え

新酒が出来た印として酒屋の軒先につりさげられたという「酒林(さかばやし)」。 白鹿(辰馬本家酒造)の

西宮歴史調査団と歩く甲東村

西宮市歴史調査団の現地解説会が行われましたので、写真で簡単に紹介します。 普段どんな調査をしているの

百間樋をたどる

武庫川から西宮への用水路に「百間樋(ひゃっけんび)」というのがあります。 私がそれを知ったのは、甲武

上ヶ原用水路をたどる

関学の裏にある西宮市指定文化財「史跡上ヶ原用水路」に関する展示が おこなわれているので(2012年1

西宮神社の逆さ門松

正月の西宮神社の拝殿前に「逆さ門松」というちょっと変わった門松が作られます。 松の枝が下を向いている