*

大坂城石垣石丁場 東六甲石丁場跡

      2017/11/21

六甲山に広がる徳川時代の大坂城再築用の石切り場については今までにも
郷土資料館の学芸員による講座がありここでも簡単に紹介していますが、
この度甲山周辺に残る石切り場跡が国の史跡に指定されることになりました。
当時の作業工程が分かるものが良い保存状態で残っているのだそうです。

新聞やニュースで紹介されているほどの茂みの中までは入ったことはありませんが
整備された遊歩道からやちょっと小山に分け入ったあたりでも切り出されようと
していた跡の残る石は見ることができます。
   
この採石場が残る甲山森林公園では以前から年に1~2度ほどだったと思いますが、
巨石群ツアーとして現地解説を行っていて、ちょうど来月にも開催予定です。
2017年12年16日(土) 10時~12時 要事前申込
詳細 http://www.nishi.or.jp/contents/0004435000040004800236.html

西宮市立郷土資料館でもパネル展示で紹介しているようですので、
興味のある方はぜひ見に行ってみて下さい。

 

西宮市内博物館等連携講座
天下普請を支えた採石丁場 2015.2.18.
徳川期東六甲採石場における西国大名の石切り 2016.12.1.

NHK WEB NEWS
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20171121/5874361.html

 

 -まち歩き, 西宮市立郷土資料館,

  関連記事

生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―

2016年10月19日(水)の歴史講座「生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―」 を聴講した感想ご紹介

震災から20年を迎えて

阪神淡路大震災から20年の今年は特集記事や記念行事などいろいろな面での 振り返りの企画が見られますが

調査団 現地説明会の準備

8月中旬、11月に開催予定の西宮歴史調査団の現地説明会の下見がありました。

高塚1号墳現地説明会

夙川西側の高塚町にある小山に開発事業(70戸ほどのマンション建設らしい)が あるために古墳の発掘調査

西宮歴史調査団と歩く甲東村

西宮市歴史調査団の現地解説会が行われましたので、写真で簡単に紹介します。 普段どんな調査をしているの

案内板

旧西宮市立図書館のステンドグラス

以前市役所の横にあった旧西宮市立図書館の窓を飾っていたステンドグラスが 市内各所の図書館に残されてい

西宮の横穴式石室について

2016年12月20日(水)の歴史講座「西宮の横穴式石室について」を聴講した 感想ご紹介します。 講

ひょうごミュージアムフェア2014

西宮市立郷土資料館が「ひょうごミュージアムフェア2014」に参加しました。

西宮歴史散歩「甲東園地区」

第47回西宮さくら祭「西宮歴史散歩」に参加することが出来て、白鹿記念酒造博物館の 名誉研究員の山下忠

マンボウトンネル

まんぼうトンネル

JR神戸線の下をくぐる人が通れるほどの小さなトンネルを通称「まんぼう」と言います。 西宮市内に三つあ