*

上ヶ原周辺の文化財をめぐる

      2017/11/22

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する
ウォークの6回目は仁川から関学周辺の上ヶ原地区を歩きました。

阪急仁川駅西口に集合ですが、西国街道ウォークとも連携しているため
50数名ほどの多くの参加者が集まりました。

弥生時代の仁川高台遺跡、古墳時代後期の仁川五ヶ山古墳群や関学構内古墳や
入組野古墳など、このあたりには古くから人が住んでいたようです。
  
関学構内古墳の近くには江戸時代に建てられた道標や、農業用水を分配する
石の分水樋があります。

寛文13(1673)年銘の鳥居が残る上ヶ原八幡神社には「車塚七郎兵衛」銘の
狛犬があり、車塚古墳(今は残っていない)にゆかりの名前と考えられます。

甲山神呪寺が今の場所へ移る前に一時あった場所と思われる神呪厳島神社は
高台にあり、昔は海からもよく見える目印になっていたかもしれません。

昭和3(1928)年には関西学院大学が神戸から移転し、ヴォーリズが設計した
自然の地形を利用したキャンパス建築が時計台などに今も残っています。

歩いた順番とは一部違って紹介しましたが、古代から現代までにわたって
興味深いものがいろいろと残されている場所でした。

さくらFM まちたびラヂオ特別編 「上ヶ原周辺の文化財をめぐる」
2017年11月19日(日)開催

 

 -まち歩き, 歴史講座・現地見学会など, 西宮市立郷土資料館, , , , ,

  関連記事

百間樋をたどる

武庫川から西宮への用水路に「百間樋(ひゃっけんび)」というのがあります。 私がそれを知ったのは、甲武

西宮の祭礼

「西宮の祭礼」展 関連行事案内

西宮市立郷土資料館 第28回特別展示「西宮の祭礼-だんじり巡行を支える人びと-」 日時:平成24年7

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

神原周辺の文化財をめぐる

国際博物館の日記念の文化財ウォーク「神原周辺の文化財をめぐる」 がありました。 朝降っていた雨も何と

郷土資料館

巡礼と石仏

第35回特集展示 「巡礼と石仏―甲山八十八ヶ所―」 2011年9月10日(土)~10月30日(日) 

尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験

2015年6月10日(水)の歴史講座 「尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験」 を聴講した感想ご紹介します。

八十塚古墳群の時代展 現地見学会

8月4日(土)にあった郷土資料館の特別展示に関連の現地見学会に行ってきました。 危険な暑さを記録する

井戸からみた阪神地域

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を 聴講した感想ご紹介

調べた!見つけた!なまぜ-生瀬地区文化遺産調査から-

西宮市立郷土資料館で開催中の特集展示「まちのきおく」に関連しての講座 「調べた!見つけた!なまぜ-生

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周