*

上ヶ原周辺の文化財をめぐる

      2017/11/22

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する
ウォークの6回目は仁川から関学周辺の上ヶ原地区を歩きました。

阪急仁川駅西口に集合ですが、西国街道ウォークとも連携しているため
50数名ほどの多くの参加者が集まりました。

弥生時代の仁川高台遺跡、古墳時代後期の仁川五ヶ山古墳群や関学構内古墳や
入組野古墳など、このあたりには古くから人が住んでいたようです。
  
関学構内古墳の近くには江戸時代に建てられた道標や、農業用水を分配する
石の分水樋があります。

寛文13(1673)年銘の鳥居が残る上ヶ原八幡神社には「車塚七郎兵衛」銘の
狛犬があり、車塚古墳(今は残っていない)にゆかりの名前と考えられます。

甲山神呪寺が今の場所へ移る前に一時あった場所と思われる神呪厳島神社は
高台にあり、昔は海からもよく見える目印になっていたかもしれません。

昭和3(1928)年には関西学院大学が神戸から移転し、ヴォーリズが設計した
自然の地形を利用したキャンパス建築が時計台などに今も残っています。

歩いた順番とは一部違って紹介しましたが、古代から現代までにわたって
興味深いものがいろいろと残されている場所でした。

さくらFM まちたびラヂオ特別編 「上ヶ原周辺の文化財をめぐる」
2017年11月19日(日)開催

 

 -まち歩き, 歴史講座・現地見学会など, 西宮市立郷土資料館, , , , ,

  関連記事

上ヶ原用水路をたどる

関学の裏にある西宮市指定文化財「史跡上ヶ原用水路」に関する展示が おこなわれているので(2012年1

震災から20年を迎えて

阪神淡路大震災から20年の今年は特集記事や記念行事などいろいろな面での 振り返りの企画が見られますが

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

祝・入館者百万人!

今日午後からは西宮歴史調査団の古文書班で郷土資料館へ行きましたが、 午前中に入館者100万人記念のセ

高塚1号墳現地説明会

夙川西側の高塚町にある小山に開発事業(70戸ほどのマンション建設らしい)が あるために古墳の発掘調査

大庄屋の生活

第39回特集展示 「瓦林の大庄屋 岡本宇兵衛」 2013年4月2日(火)~5月12日(日)  西宮市

青石古墳見学会

指定文化財公開展「西宮市指定の史跡・古墳」 2014年10月28日(火)~11月30日(日) 西宮市

西宮神社赤門の修復

国指定重要文化財西宮神社の赤門や大練塀の修復作業が行われています。赤門は8月末までの予定で、9月の大

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

西宮の地蔵

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました! (第1集は「甲山八十八ヶ所」です)