*

西宮の地蔵

      2014/09/09

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました!
(第1集は「甲山八十八ヶ所」です)
今月の定例会の発表では調査の様子や印刷物にまとめる際の苦労などを
学芸員さんから聞きました。

調査はまずは市内を歩き回ってどこに地蔵があるのかないのか確認して、
見つけたら場所を地図に記して、地蔵のサイズや銘文を調べ、さらに
その地蔵をお世話されている方を探して由来などを聞き取りして、と
とても大変だったそうです。

また確認のため後に再び調べに行くといつにまにか無くなっていたりと
常に状態が変わっているので、この本の発行で終了ではなくてまだまだ
調べることはたくさんあるそうです。

にしのみやのじぞう

この地蔵調査報告書発行に関連してのハイキングと講座が開催されますので、
ご興味のある方はぜひ報告書を買っていただいて(笑)ご参加ください。

.
ハイキング「生瀬・木之元の地蔵を訪ねる」
平成25年5月18日(土) 9:30~12:30(予定)
阪急「宝塚駅」改札口前集合 → JR「西宮名塩駅」解散
事前申込不要 参加費無料 荒天中止
詳細 http://www.nishi.or.jp/contents/00022103000400048.html

.
歴史講座「西宮と地蔵信仰」
平成25年6月19日(水) 13:30~15:00(開場13:00)
郷土資料館 講座室
定員60名。申込は往復はがきで6月5日(水)必着(応募多数のときは抽選)。
聴講料無料
詳細 http://www.nishi.or.jp/contents/00024128000400048.html

 

 -.活動報告, 地蔵班, 西宮市立郷土資料館, , , ,

  関連記事

調査団 現地説明会の準備

8月中旬、11月に開催予定の西宮歴史調査団の現地説明会の下見がありました。

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

西宮の石造物

2013年10月16日(水)の歴史講座 「西宮の石造物-西宮歴史調査団の 活動からわかった新たな歴史

尼崎郷土史研究会へ

先日、西宮歴史調査団の団員が学芸員と一緒に尼崎へ行ってきました。 そこで尼崎郷土史研究会の石造物学習

平成27年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある 文化財を調査して 記録に残し、その成果

西宮歴史調査団と歩く甲東村

西宮市歴史調査団の現地解説会が行われましたので、写真で簡単に紹介します。 普段どんな調査をしているの

平成28年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団の2016年度の活動がスタートしました。 今年度も橋梁・石造物・古文書・竜吐水の4班で

ひょうごミュージアムフェア2014

西宮市立郷土資料館が「ひょうごミュージアムフェア2014」に参加しました。

調査団 定例会・161112・西宮の寺社建築

毎月一度、全体で集まって勉強したり打合せをする定例会で、現在展示中の 指定文化財公開展「西宮の寺社建

「大坂城石垣石丁場跡」関連講座

国史跡に指定されることとなった「大坂城石垣石丁場跡 東六甲石丁場跡」に 関連するセミナーなどがいくつ