*

西宮の地蔵

      2014/09/09

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました!
(第1集は「甲山八十八ヶ所」です)
今月の定例会の発表では調査の様子や印刷物にまとめる際の苦労などを
学芸員さんから聞きました。

調査はまずは市内を歩き回ってどこに地蔵があるのかないのか確認して、
見つけたら場所を地図に記して、地蔵のサイズや銘文を調べ、さらに
その地蔵をお世話されている方を探して由来などを聞き取りして、と
とても大変だったそうです。

また確認のため後に再び調べに行くといつにまにか無くなっていたりと
常に状態が変わっているので、この本の発行で終了ではなくてまだまだ
調べることはたくさんあるそうです。

にしのみやのじぞう

この地蔵調査報告書発行に関連してのハイキングと講座が開催されますので、
ご興味のある方はぜひ報告書を買っていただいて(笑)ご参加ください。

.
ハイキング「生瀬・木之元の地蔵を訪ねる」
平成25年5月18日(土) 9:30~12:30(予定)
阪急「宝塚駅」改札口前集合 → JR「西宮名塩駅」解散
事前申込不要 参加費無料 荒天中止
詳細 http://www.nishi.or.jp/contents/00022103000400048.html

.
歴史講座「西宮と地蔵信仰」
平成25年6月19日(水) 13:30~15:00(開場13:00)
郷土資料館 講座室
定員60名。申込は往復はがきで6月5日(水)必着(応募多数のときは抽選)。
聴講料無料
詳細 http://www.nishi.or.jp/contents/00024128000400048.html

 

 -.活動報告, 地蔵班, 西宮市立郷土資料館, , , ,

  関連記事

調査団 定例会・160514・文化財のツボ

西宮歴史調査団では各班の活動の他に全体で集まって打合せをしたり勉強会をしたり していますが、今までに

震災から20年を迎えて

阪神淡路大震災から20年の今年は特集記事や記念行事などいろいろな面での 振り返りの企画が見られますが

西宮歴史調査団

西宮歴史調査団は、指定や登録はされてはないけれど市内の身近なところに残っている大切な歴史資料文化財を

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周

調査団 古文書班・161118・展示の準備

西宮市立北口図書館とは何度か展示や講座などを一緒に開催していますが、 来月12月から歴史調査団の活動

祝・入館者百万人!

今日午後からは西宮歴史調査団の古文書班で郷土資料館へ行きましたが、 午前中に入館者100万人記念のセ

郷土資料館

巡礼と石仏

第35回特集展示 「巡礼と石仏―甲山八十八ヶ所―」 2011年9月10日(土)~10月30日(日) 

瓦木周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に 現地を見学するウォークに参

夙川周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学するウォークで、夙川周辺を歩い

平成25年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある文化財を調査して 記録に残し、その成果を