*

生瀬・木之元の地蔵を訪ねる

      2014/09/09

平成25年5月18日(土)、「生瀬・木之元の地蔵を訪ねる」ハイキングに参加してきました!
お地蔵さまのおまつりされている由来や地蔵盆の様子など調査でわかったことの解説を
聞きながら、普通に生活している街中を歩きました。

個々のお地蔵さまの説明は省略しますが、由来としては古くは畑を掘ったら出てきたとか
川があふれたあと流れてきたとかで、明らかに仏像とわかるものの他にも、なんとなく
仏像のように見えるという石までまつられていることが多いです。
そして比較的新しいものは交通事故があったから慰霊になどの理由が多いようです。

また生瀬の浄橋寺と木之元の木元寺にも立ち寄り、そこにまつられているお地蔵さまや
寺に残る文化財のことなども教えてもらいました。

2013.5.18. 

生瀬東町 生瀬町 

浄橋寺
http://kanko.nishinomiya-style.jp/spot/2010/02/28/jyoukyouji/
浄橋寺 浄橋寺 

浄橋寺裏 愛宕山山頂のお地蔵さんとお稲荷さんへ
愛宕山 愛宕山延命地蔵菩薩

国道176号線大多田橋交差点の道標と観音さま
大多田橋交差点 道標 

木元寺 火伏せ地蔵
http://kanko.nishinomiya-style.jp/spot/2010/02/28/konomoto-jizou/
木元寺

今回のハイキングにはケーブルテレビのベイコムさんが取材に来ていたので、
5/21~5/27の地元ニュース(放送時間:20:30~他)で放送予定です。
http://baycom.jp/new/service/cable_tv/community/
尼崎西宮伊丹の方はもしよければご覧ください<(_ _)>

.
地蔵調査に関する講座もありますので、ぜひお申込ください。

歴史講座「西宮と地蔵信仰」
平成25年6月19日(水) 13:30~15:00(開場13:00)
郷土資料館 講座室
定員60名。申込は往復はがきで6月5日(水)必着(応募多数のときは抽選)。
聴講料無料
詳細 http://www.nishi.or.jp/contents/00024128000400048.html

 

 -.活動報告, まち歩き, 地蔵班, 西宮市立郷土資料館, ,

  関連記事

西宮神社赤門の修復

国指定重要文化財西宮神社の赤門や大練塀の修復作業が行われています。赤門は8月末までの予定で、9月の大

西宮歴史調査団

調査団と歩く今津・甲子園

西宮歴史調査団は、市内の身近にある文化財を全て調査して記録に残していく事を 目的にしている市民ボラン

新型コロナ流行により活動休止中

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月ごろからあれこれとイベントなど人の集まる企画が中止となり

瓦木周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に 現地を見学するウォークに参

西宮神社大練塀の修復

今年は阪神淡路大震災から25年ということで、西宮市立郷土資料館でも当時を振り返る展示が行われていて、

H27年度西宮歴史調査団活動報告会

丸10年活動をしてきた西宮歴史調査団の平成27年度活動報告会 が開催されました。 平成28年3月12

西宮の地蔵

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました! (第1集は「甲山八十八ヶ所」です)

調査団 定例会・190713・名塩和紙学習館

毎月一度全体で集まって打合せをしたり勉強会をしたりしている定例会ですが今回は名塩和紙学習館での紙漉き

西宮地域の宗旨人別帳

郷土資料館の第44回特集展示「西宮地域の宗旨人別帳」の後期展示が始まりました。 前期展示は学芸員が調

平成26年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある 文化財を調査して 記録に残し、その成果