西宮流へ戻る

広田・名次山の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する
ウォークの5回目が開催され、今回は広田神社から名次山を通り神原へ歩きました。
スタジオ放送や現地の学芸員からいろんな話を聞きましたが、たくさんあるので
今日歩いたポイントを写真で簡単に紹介します。

広田神社に集合

広田神社境内の兜麓底績碑の水争いの話や、この時期にはすっかり若葉の茂る
コバノミツバツツジの名所だった話など。

塞神社から名次神社へ、由来など謎も多いそうです。
 
六湛寺の塔頭のひとつだった如意寺は室町時代からの過去帳があるそうです。
その近くの満池谷層の植物遺体包含層も特別に見学できました。
 
最後に神園古墳1号墳も普段は施錠されているのを開けてもらって見学。

陽射しが暑かったけど時々神社の木陰などで休憩しながら楽しく勉強しました。

 

さくらFM まちたびラヂオ特別編 「広田・名次山の文化財をめぐる」
2017年5月21日(日)開催

 

タイトルとURLをコピーしました