*

住吉神社の夏祭

      2014/09/09

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。
平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、住吉神社鎮座200年記念行事の
ひとつとして平成18(2006)年からだんじり巡行が復活しました。

西波止町の住吉神社は、江戸時代の商人の當舎屋金兵衛(とうしゃやきんべえ)が
西宮の港の改修工事に取り組んだ際に、難事業の成就を祈念して文化2(1805)年に
住吉神社を勧請したのがはじまりといわれています。

今の住吉神社は西宮神社の末社となっているため西宮神社の神職が神事を行った後、
子供たちが交代でだんじりを曳き、二時間ほどかけて神社に戻ってきます。

この船だんじりは昭和48(1973)年に西波止町の世話役が中心となって作った「住吉丸」で、
それと一緒に西宮神社の布団太鼓が近隣町内を巡行します。   →動画はこちら

   

昔は西波止町の子供達だけでだんじりを曳いていましたが、子供の数が少なくなったので
平成18年の復活からは前浜町や建石町などの近隣の子供会にも参加してもらっているそうです。

   
                (本文は郷土資料館作成の今日の見学会用の資料を参考にしています)

                           ・

そして今日から郷土資料館展示室が特別展示に変わりました。

西宮市立郷土資料館 第28回特別展示「西宮の祭礼-だんじり巡行を支える人びと-」
日時:平成24年7月31日(火)~8月31日(金) 10:00~17:00(入館は16:30)
休館日:毎週月曜  入館料:無料

関連行事として、だんじり小屋の見学などもありますのでぜひご参加ください。
2012.8.3.(金) 下山口と上山口のだんじり小屋を見学 10:00~12:00
2012.8.5.(日) 西宮神社のだんじりがやってくる 13:15~15:00
2012.8.8.(水) 名塩のだんじり小屋を見学 13:00~16:00
詳しくはこちらで http://nishinomiya-style.jp/rekishi-sanpo/?p=343

 

 -歳時・伝統行事, 歴史講座・現地見学会など, ,

  関連記事

井戸からみた阪神地域

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を 聴講した感想ご紹介

調べた!見つけた!なまぜ-生瀬地区文化遺産調査から-

西宮市立郷土資料館で開催中の特集展示「まちのきおく」に関連しての講座 「調べた!見つけた!なまぜ-生

西宮の前方後円墳

第29回特別展示 「西宮の前方後円墳 -津門稲荷山古墳をさぐる-」 2013年7月30日(火)~9月

西宮の横穴式石室について

2016年12月20日(水)の歴史講座「西宮の横穴式石室について」を聴講した 感想ご紹介します。 講

今津の酒造家・小豆嶋屋

2014年10月15日(水)の歴史講座 「今津の酒造家・小豆嶋屋」 を聴講した感想ご紹介します。

西宮の講

西宮の講

第27回特別展示 「西宮の講-つどいの民俗-」 2011年7月17日(日)~8月31日(水)  西宮

文化財防火デーの消防訓練

文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である 法隆寺(奈良県斑

広田・名次山の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの5回目が開催さ

2012.7.8.

福應神社の夏祭

この夏の郷土資料館の特別展示は西宮市内の神社のだんじりについてです。 それに関連して祭りやだんじりを

生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―

2016年10月19日(水)の歴史講座「生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―」 を聴講した感想ご紹介