*

調査団 古文書班・船坂の善照寺

      2014/09/06

古文書調査中、私にとってちょっと気になる地名発見。

写真右端の一行は冊子本体に書かれているもので今は触れませんが、その左に
別紙に書かれたものが貼り紙されています。
冊子本体に書かれたものの変更などを訂正するものらしいです。

 

一向宗舩坂村善照寺旦那
 当町播磨屋うの借家
    大村屋 年三十八
       藤兵衛
    〆壱人

西宮の浜東町の住人の台帳なので、旦那寺は住んでいる近所の「当町(西宮町)」が多く、
ちょっとだけ離れてるけど浜沿いの鳴尾村や津門村や打出村などもいくつかありました。
ただ、遠方へ引っ越したりする時には「寺送り状」と呼ばれる証明書を書いてもらって
引っ越すものだと思っていたので、船坂ならちょっと遠いのでは?と私は気になったのでした。

それと、今まで出てきた寺の名前を聞いても知らない名前ばかりだったので現在も
あるかないかも知らなかったのですが、船坂の善照寺って今もあるなぁと初めて
知ってるお寺の名前が出てきて、なんだかうれしかったのでした。

     -古文書班は郷土資料館行事などといろいろ重なり、一ヶ月ほど夏休み中です-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・女性の名前(や~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめました。

調査団 古文書班・121116・判子の形

宗門帳に押してある判子はほとんど丸型ですが、ときどき違う形があります。

調査団 古文書班・121114・楷書風の判子

今回も見学者がふたりもいらっしゃって、なんだかにぎわっています。 当初の古文書班登録メンバーは確か1

くずし字にふれる~身近な変体かな~

西宮市立北口図書館との共催で北口図書館において郷土資料展示&ブックフェア 「岡本宇兵衛の大庄

調査団 古文書班・151125・印判師

律令時代に中国の風習で官印(役所名の印・金印の漢委奴国王のような四角くて 大きめのイメージ?)が伝わ

調査団 古文書班・160106・よく似た崩し字

新春早々の調査活動日でした。 先月は都合悪く出席できなかったりしたのでほぼ一月ぶりで、なんとなく 頭

調査団 古文書班・150826・縁付

結婚に関する移動も注記事項に書かれています。 また、ここに挙げているのは養子ですが離婚となって実家に

調査団 古文書班・150805・年齢表記

このブログを見て郷土資料館にご先祖探しの問い合わせをするケースが 時々あるそうですが、まず無理だそう

調査団 古文書班・140424・三年目の活動

今年度も古文書班に登録したのでそれをメインにして紹介します。 また時々は 西宮神社で調査活動中の石造

調査団 古文書班・130123・神戸の旦那寺

西宮町借家在住者の旦那寺は神戸方面にもありました。