*

福應神社の夏祭

      2014/09/09

この夏の郷土資料館の特別展示は西宮市内の神社のだんじりについてです。
それに関連して祭りやだんじりを見学する機会が何度か設けられていて、まずは
今津の福応神社の夏祭本宮のだんじり巡行を見に行ってきました(2012.7.8.)。

  2012.7.8.

夏祭はもともとは7月12・13日に行われていましたが平日になると人が集まらないので今では
7月の第2土曜日曜になっているそうです。
見学に行ったのは本宮(日曜日)の午後だったので、神事は午前中に執り行われていて、
巡行を前にだんじりが境内に出されて準備をしていました。

舟だんじり                         布団だんじり
2012.7.8. 舟だんじり 2012.7.8. 布団だんじり

武者だんじり(屋根の上にはイセエビやコイの飾り物が取り付けられていました)
2012.7.8. 武者だんじり 2012.7.8. 武者だんじり屋根

神社の青年部の若福会のメンバーのほか、近くの学校の学生さんたちも参加するようで、
思っていたよりたくさんの人数で巡行しているなと思いました。

昼に浜手地区を巡行して一度神社へ戻り、夕方山手地区を巡行します。
その途中で、以前ここでご紹介した獅子舞が行われると言うことですが、この日は私が
途中までしかついてまわれなかったのでご紹介できません。
また秋祭の時にでも機会があれば見に行きたいと思います。

動画はこちら → 神輿出発 武者だんじり出発 町内巡行中

2012.7.8. 2012.7.8.

このほかにも夏祭秋祭の日程やだんじりの見学会などの予定が載ったチラシが
ありますので、郷土資料館などでもらってみてください(下記HPからも見れます)。

第28回特別展示「西宮の祭礼-だんじり巡行を支える人びと-」
現在、西宮市内にはだんじり巡行をともなう祭礼が9ヶ所でとりおこなわれています。
このほかにも、だんじりを所有するところが4ヶ所、かつて祭礼で巡行していたところが
8ヶ所あることが聞き取り調査でわかりました。
だんじり巡行や祭礼は、多くの人びとによって支えられ、維持されています。
過去、現在の祭礼やだんじりにかける人々の思いを祭礼道具や古文書で紹介します。
http://www.nishi.or.jp/contents/00020129000400048.html (HPより転記)

日時:平成24年7月31日(火)~8月31日(金) 10:00~17:00(入館は16:30)
休館日:毎週月曜  入館料:無料

 

 -歳時・伝統行事, 歴史講座・現地見学会など, ,

  関連記事

西宮の食習・調理実習

2月20日に郷土資料館で講座があった「西宮の食習」ですが、それに関連しての 「からしそうめん」を作っ

摂津国の古代集落

2016年2月10日(水)の歴史講座「摂津国の古代集落」を聴講した感想ご紹介します。 講師の山田暁学

尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験

2015年6月10日(水)の歴史講座 「尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験」 を聴講した感想ご紹介します。

西宮の横穴式石室について

2016年12月20日(水)の歴史講座「西宮の横穴式石室について」を聴講した 感想ご紹介します。 講

高畑町遺跡出土木製品 学芸員解説

西宮市立郷土資料館で開催中の指定文化財公開展は、昨年2014年に指定された 「高畑町遺跡出土木製品」

尼崎城門の通行手形

2014年8月6日(水)の歴史講座 「尼崎城門の通行手形―岡本家文書でみる「御門通札」の発行と変遷―

老松古墳現地説明会

2012年6月3日、苦楽園にある西宮市指定史跡「老松古墳」の史蹟整備が完了したことに ともなう現地説

神原周辺の文化財をめぐる

国際博物館の日記念の文化財ウォーク「神原周辺の文化財をめぐる」 がありました。 朝降っていた雨も何と

生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―

2016年10月19日(水)の歴史講座「生瀬の古文書―淨橋寺文書の調査から―」 を聴講した感想ご紹介

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人