*

尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験

      2015/08/13

2015年6月10日(水)の歴史講座 「尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験」
を聴講した感想ご紹介します。

これは宮水学園自主グループ「ミレニアム2000西宮」と西宮市立郷土資料館が
共同で開催している講座で、学芸員が現在研究中の事柄について進捗状況を
紹介するという速報的な内容のもので、今日の講師の早栗学芸員はここ数年
「六甲修験(ろっこうしゅげん)」をテーマに何回か話をしています。

150610CIMG3295
六甲修験とは役小角が開いた修行場のひとつとされていて、鷲林寺地区から
東六甲を上り石の宝殿へ、さらに尾根伝いに西六甲の蜘蛛の岩三国岩などの
修行場を通って唐櫃村(神戸市北区)へ至るという修行形態です (「住村誌」
昭和21年刊より)。
そして尼崎藩野寄組大庄屋(野寄地域付近の庄屋を取りまとめる役職)の
高井家は現在の神戸市東灘区岡本のあたりの有力者で、それが六甲修験との
かかわりはどのようなものだったのか調べているということでした。

野寄でのお祭り「オトー」には摩耶山から僧侶を招いて祈祷をしていたり、
今も岡本にある明王院は摩耶山天上寺の塔頭であったものが江戸時代末に
現在の位置に移転されるなどのつながりがあります。
史料をさらにさかのぼると、高井家に伝わる永禄11(1568)年の文書のなかに
当時奈良の春日神社の荘園であったこの地域の中に「まや免」という土地
(春日神社に納める年貢は免除する摩耶山のための土地、の意か)があったという
記録もあり、岡本地区と摩耶山天上寺には深いかかわりがあったとみられます。

また神戸市中央区の春日野道とはこのあたりにあった春日神社への参詣道だった
という由来もあり、摩耶山はちょうどその北に当たるため、春日神社との
つながりも含めて考えてみると面白いのではないかということでした。

150610CIMG3298 150610CIMG3301
現在も行われている明王院や摩耶山の柴燈護摩の行事の様子を見せてもらい、
今でも山伏が祈祷をする祭りが残っているんだなと興味深く話を聞きました。

—————————————
次回の歴史講座
観天望気ー自然とつきあう知恵と祈りの伝承についてー
8月12日(水) 13:30~15:00  要申込
http://www.nishi.or.jp/contents/0002446200040004800699.html

 -歴史講座・現地見学会など

  関連記事

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、

瓦木周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に 現地を見学するウォークに参

下山口上山口のだんじり小屋

西宮市北部の山口町のだんじり庫の見学会に参加しました。 郷土資料館の企画で普段は見れない飾り付けをす

大庄屋の生活

第39回特集展示 「瓦林の大庄屋 岡本宇兵衛」 2013年4月2日(火)~5月12日(日)  西宮市

江戸時代の神事と仏事

2015年12月9日(水)の歴史講座「江戸時代の神事と仏事」を聴講した感想ご紹介します。 尼崎藩の大

高畑町遺跡出土木製品 学芸員解説

西宮市立郷土資料館で開催中の指定文化財公開展は、昨年2014年に指定された 「高畑町遺跡出土木製品」

老松古墳現地説明会

2012年6月3日、苦楽園にある西宮市指定史跡「老松古墳」の史蹟整備が完了したことに ともなう現地説

神原周辺の文化財をめぐる

国際博物館の日記念の文化財ウォーク「神原周辺の文化財をめぐる」 がありました。 朝降っていた雨も何と

調べた!見つけた!なまぜ-生瀬地区文化遺産調査から-

西宮市立郷土資料館で開催中の特集展示「まちのきおく」に関連しての講座 「調べた!見つけた!なまぜ-生

郷土資料館

巡礼と石仏

第35回特集展示 「巡礼と石仏―甲山八十八ヶ所―」 2011年9月10日(土)~10月30日(日)