*

調べた!見つけた!なまぜ-生瀬地区文化遺産調査から-

      2016/02/16

西宮市立郷土資料館で開催中の特集展示「まちのきおく」に関連しての講座
「調べた!見つけた!なまぜ-生瀬地区文化遺産調査から-」があったので
塩瀬公民館へ行ってきました。

160209CIMG7145kx

生瀬地区文化遺産調査は平成25年~28年にかけて行われていて、神社仏閣などの
一般的に文化財と言われるようなものだけでなく、そこに住む人たちの生活や
自然環境なども含めて文化的・歴史的な特色を明らかにするものだそうです。

生瀬は江戸時代に街道の宿駅だった町で狭い土地ながら賑わっていましたが、
明治時代に鉄道が町の北側に開通しました。
そのため旧街道沿いの昔からの町が開発されるのではなく外側に新しく町が
発展したので、昔ながらの街並みがあまり変わらずに残ったそうです。

生瀬について書かれた文献を紹介してもらったり、昭和頃の懐かしい写真を
記録として集め、それについての思い出を聞き取って一緒に残すことによって
人々の記憶も記録となる、といった調査方法について説明してもらいました。

というのも、これからまだ続く調査については地元の人たちの協力が必要なので
今日の聴講者からその知り合いへと、こんな調査をやっているということが
伝わっていろんな情報がもっと集まったらいいなということでした。

160127CIMG7014x CIMG7253

今回は北部図書館との連携講座でしたが、公民館講座や展示室での学芸員解説
などもありますので興味深い話が聞けると思います。

「生瀬の歴史」について ~生瀬の往還(街道)~ 塩瀬公民館講座
2月12日(金) 10時~11時30分 事前申込不要
講師:生瀬の歴史を語る会 野田 剛  会場:生瀬市民館(浄橋寺横)
http://www.nishi.or.jp/contents/0003661400040005800279.html#shiose

展示解説会 2月13日(土) 10時~11時 事前申込不要
講師:郷土資料館担当学芸員  会場:郷土資料館展示室

160213CIMG7221x 160213CIMG7230x

第45回特集展示 まちのきおく―生瀬地区文化遺産調査から―
2016年1月19日(火)~2月28日(日) 10時~17時(入館は16時30分まで)
http://www.nishi.or.jp/contents/0002710100040004800699.html

 -歴史講座・現地見学会など,

  関連記事

具足塚古墳現地解説会

具足塚(ぐそくづか)古墳が西宮市史跡に指定され、現地見学会がありました。 場所は広田神社前バス停すぐ

西宮の後期・終末期古墳

2014年2月19日(水)の歴史講座「西宮の後期・終末期古墳」を聴講した 感想ご紹介します。

尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験

2015年6月10日(水)の歴史講座 「尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験」 を聴講した感想ご紹介します。

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

西宮市立郷土資料館

西宮の後期古墳

第36回特集展示 「西宮の後期古墳」 2011年11月29日(火)~2012年1月29日(日)  西

青石古墳見学会

指定文化財公開展「西宮市指定の史跡・古墳」 2014年10月28日(火)~11月30日(日) 西宮市

西宮市立郷土資料館

百姓逃散

第34回特集展示 「百姓逃散―江戸時代の百姓ストライキ―」 2011年4月26日(火)~7月10日(

瓦木周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に 現地を見学するウォークに参

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

井戸からみた阪神地域

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を 聴講した感想ご紹介

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です