*

復元研究 よみがえる小袖

      2017/02/19

関西学院大学博物館で開催中の「復元研究 よみがえる小袖−今と昔の職人技−」
の講演会を聞きに行ってきました。
http://museum.kwansei.ac.jp/exhibition/exhibition02/
2017年1月16日(月)〜3月25日(土) 関西学院大学博物館(時計台2階展示室)

下着だった白い小袖が表着になって派手になり信長も片身変わりの小袖を着ていた、
お市の方の孫にあたる東福門院和子(後水尾天皇中宮)が京都の雁金屋に多くの着物を
注文していた、平和になった世の中で町民も貴人たちの装いをまねするようになって
ぜいたくな着物を着るようになったため禁令が出された、など時代背景を聞きました。

そして当時の衣服の現存する断片や、ファッション誌のような「雛形(ひいながた)」
という史料を研究して当時の手法で復元してみようという着物職人の作業の様子や
苦労話をいろいろと聞き面白かったです。

寛文頃・東福門院和子が着たと思われる金糸刺繍に鹿の子絞りの贅沢なもの
 
天和頃・禁令が出て金糸不可→金箔摺り、鹿子絞り不可→鹿子柄の染物に変化
 
そのあと元禄以降に友禅染がひろまり軽やかな着物に変わっていくそうです。

実はこれらの小袖については復元研究に取り掛かった初めの頃の2007年の
講演会に行った時に2種類の復元品を見ました(この記事に使用の技法の写真は
この撮影可の時に撮ったものです)。
その後2009年に関学の時計台内を博物館にするというときの展示と講演会に
行って4種類の復元品とメモを書いてるのに何を見たか覚えておらず自分の
ぼんやり加減にがっくりです(撮影禁止でメモ用の写真が残せてなかった)。
今回は3種類の展示でしたが5種類目にあたる?現在復元中のものが夏ごろには
完成予定ということでまた新しいのが公開されたら見に行きたいです。

 

 -むかしのはなし,

  関連記事

昌林寺

西宮歴史調査団の月例会で、JR西宮の少し南にある津門の昌林寺に 文化財見学に行きました。

高校野球100年・豊中球場

今年2015年は高校野球がはじまって100年の年になるんですね。 今では高校野球と言えば甲子園球場で

まつりを通して見る神社と地域

2013年7月13日に安井市民館であった吉井良昭西宮神社宮司の講演会 「西宮神社とえびす信仰 まつり

高校野球100年・鳴尾球場

1915(大正4)年に始まった全国中等学校優勝野球大会ですが、開催地の豊中運動場は 収容人数500人

にしのみやえびす駅

最近聞いた講座で、電車の話がちょこちょこと出て気になったことがあるので、 とりあえず覚書程度ですが、

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

狛犬

御伽草子「かくれ里」

えべっさんが鳴尾の漁師に拾われて西宮にやってきた西宮神社の由来は有名ですが、 御伽草子の中にも西宮の

酒が醸す町づくり

白鹿記念酒造博物館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『酒が釀す町づくり -西

no image

西宮モダニズム 「えき」と「まち」

鳴尾公民館講座 2014年8月11日(月)開催 西宮モダニズム 「えき」と「まち」 -なぜ駅はそこに

たいしゃ公民館

伊勢神宮御料酒「白鷹」

公民館講座で廣田神社の西井宮司から広田神社の摂社末社についてのお話を 伺ったのですが、ちょっと脱線の