*

今に残る道路元標

      2017/10/06

西宮市内に残る道路元標(どうろげんぴょう)をまとめてみました。

道路元標とは道路の基準点として各市町村の中心部あたりに設置が義務付け
られていた標識で、「大正時代に設置された道路元標の大きさは、縦横25cm、
高さ約63cmの直方体で、一般に頂部が弧を描くように丸く削られた形状を
しており」(Wikipediaより引用)という石造物になるようです。

戦後の道路法では不要になったので開発工事などでいつの間にか無くなっている
事が多いようで、残っているものもおそらく本来の場所からは移動していて、
折れていたり埋もれていたりいろいろな状態になっています。

山口村

甲東村
 

瓦木村
161120cimg1833x 161120cimg1832x
芝村
 

生瀬村にもあったという昭和26年の写真はあるそうですが、現物は今は不明です。

道端にある他の石造物もそうですが、場所的にゴミステーションの目印に
なってしまう場合が多いのがちょっと残念です。

 

 -むかしのはなし, , , , ,

  関連記事

no image

西宮モダニズム 「えき」と「まち」

鳴尾公民館講座 2014年8月11日(月)開催 西宮モダニズム 「えき」と「まち」 -なぜ駅はそこに

高校野球100年・鳴尾球場

1915(大正4)年に始まった全国中等学校優勝野球大会ですが、開催地の豊中運動場は 収容人数500人

酒が醸す町づくり

白鹿記念酒造博物館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『酒が釀す町づくり -西

たいしゃ公民館

伊勢神宮御料酒「白鷹」

公民館講座で廣田神社の西井宮司から広田神社の摂社末社についてのお話を 伺ったのですが、ちょっと脱線の

昌林寺

西宮歴史調査団の月例会で、JR西宮の少し南にある津門の昌林寺に 文化財見学に行きました。

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

越水の水神社

越水浄水場の正門に向かって左側、震災記念碑公園の北側にある空地が 玉垣のような柵の段々の敷地で石段も

西宮モダニズム「枝川・申川」

鳴尾公民館講座 2015年8月10日(月)開催 西宮モダニズム 枝川・申川 -甲子園に消えたふるさと

狛犬

御伽草子「かくれ里」

えべっさんが鳴尾の漁師に拾われて西宮にやってきた西宮神社の由来は有名ですが、 御伽草子の中にも西宮の

復元研究 よみがえる小袖

関西学院大学博物館で開催中の「復元研究 よみがえる小袖−今と昔の職人技−」 の講演会を聞きに行ってき