*

西宮の横穴式石室について

   

2016年12月20日(水)の歴史講座「西宮の横穴式石室について」を聴講した
感想ご紹介します。

講師の山田学芸員の専門は前期古墳だそうですが、今回は西宮に残っている
後期古墳
現在発掘中の高塚古墳について話を聞きました。

古墳というと仁徳天皇陵に代表されるような大きくて鍵穴のような形をした
前方後円墳をイメージするかもしれませんが、西宮に残る古墳はそれより後の
古墳時代後期に作られたやや小さめの丸い形の横穴式石室のものになります。

宅地開発などに伴って近代に掘削されてしまって、今では昔古墳があったという
記録しか残っていないものも多いそうですが、芦屋から苦楽園にかけての
八十塚古墳群、大社近辺の具足塚古墳や神園古墳群、上ヶ原近辺の関学構内古墳
仁川五ケ山古墳群、山口町の青石古墳など17の横穴式石室の古墳が残っています。

それらの石室の作り方の変遷や、須恵器の形状の移り変わり(20年ぐらいで変化が
出てくるらしい)から古墳の作られた年代を測定するとか、先日現地説明会に行った
高塚古墳の事とか、わりと基本的な内容が聞けてよくわかりました。

歴史講座の次回開催予定は2017年2月15日(水)「西宮漁民の房総進出顛末記」です。
申込 http://www.nishi.or.jp/contents/0004068800040004800699.html

 

 -歴史講座・現地見学会など, 西宮市立郷土資料館, ,

  関連記事

尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験

2015年6月10日(水)の歴史講座 「尼崎藩大庄屋高井家と六甲修験」 を聴講した感想ご紹介します。

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度

名塩のだんじり小屋

名塩のそう広くない地域ですが7町が持っているだんじり庫を見学に行きました。 次々と案内してもらいあれ

西宮の祭礼(2)

2015年10月14日(水)の歴史講座「西宮の祭礼(2)」を聴講した感想ご紹介します。 講師の細木学

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周

下山口上山口のだんじり小屋

西宮市北部の山口町のだんじり庫の見学会に参加しました。 郷土資料館の企画で普段は見れない飾り付けをす

旧山本家住宅

調査団活動で結善町にある国登録有形文化財の旧山本家住宅を見学に行きました。 登録文化財というのは、国

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

西宮市立郷土資料館

西宮の後期古墳

第36回特集展示 「西宮の後期古墳」 2011年11月29日(火)~2012年1月29日(日)  西