*

神原周辺の文化財をめぐる

   

国際博物館の日記念の文化財ウォーク「神原周辺の文化財をめぐる」 がありました。

CIMG2630tx
朝降っていた雨も何とかやんで、集合の苦楽園口駅から名次神社へ。
当時の場所ははっきりしないながらも、奈良時代の万葉集に名次山を詠んだ
ものがあり、平安時代の書物の「延喜式」にも名次神社の名前があるなど
古くからの名勝だったようです。

IMG_9802x CIMG2636x
少し北へ上がると、兵庫県指定天然記念物「満池谷層の植物遺体包含層」が
あり、このなかに黒っぽく見える部分が60万年前~20万年前の地層です。
そこに今なら高地に生息する寒冷性の松類などの実が確認されたことから、
西宮でも寒冷な時代があったことがわかるということが重要なのだそうです。
ふだんは敷地内へは入れませんが、郷土資料館に表面をはぎとった資料が
展示されています。

CIMG2644x CIMG2641x
そのそばの大社中学校のグラウンドの片隅に、もともと苦楽園五番町にあった
「八十塚古墳群苦楽園支群第1第2号墳」が移築されています。
昭和40年の発掘調査の後に、古墳の石室の石を現在の場所に持ってきて
再現したので本物だけど作り物というなんだか微妙な状態のものなのですが、
ひとつの円墳の墳丘の中に石室が二つ作られているという阪神間には他に
例のない古墳だそうです。
道路から見ると、石室の屋根部分の石が見えている程度です。

CIMG2649x CIMG2654x
さらに北には、これも移築古墳ですが「神園古墳群第1号墳」が整備されました。
かつては夙川学院構内古墳と呼ばれていたもので、昭和43年にグラウンドを
整備するときに見つかったものを発掘調査後に学校の敷地内の北の隅の方へ
移築していましたが、夙川学院から西宮市に寄付されたので史跡整備をして
今月から見学できるような状態になりました。
施錠されているので見学したい場合には郷土資料館に連絡しないといけませんが、
道路からでもすこしだけは見ることもできます。

CIMG2664x CIMG2662x

朝雨が降ってウォークが終わるころにまた降り出しましたが、見学中はちょうど
雨が止んでいてよかったです。
こんな不安定なお天気でも参加者は40人ぐらいになっていて、やっぱり古墳は
人気があるのかなぁとちょっとびっくりしました。

 

 

 -歴史講座・現地見学会など, ,

  関連記事

西宮の食習

2月20日(水)の歴史講座「西宮の食習」を聴講した感想ご紹介します。

広田・名次山の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの5回目が開催さ

西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―

2014年12月17日(水)の歴史講座「西宮の橋を調べる―橋と川の郷土史―」 を聴講した感想ご紹介し

津門大塚町遺跡現地説明会

津門大塚町遺跡の発掘調査の現地説明会が開催されました。 アサヒビール西宮工場跡地のなかで、道路を作る

震災から20年を迎えて

阪神淡路大震災から20年の今年は特集記事や記念行事などいろいろな面での 振り返りの企画が見られますが

西宮神社の石灯籠に誘われて

市民が語る「西宮いまむかし物語」@にしきた 第2弾 「西宮神社の石灯籠に誘われて ~私が千葉まで旅し

西宮の祭礼(2)

2015年10月14日(水)の歴史講座「西宮の祭礼(2)」を聴講した感想ご紹介します。 講師の細木学

西宮の石造物

2013年10月16日(水)の歴史講座 「西宮の石造物-西宮歴史調査団の 活動からわかった新たな歴史

尼崎城門の通行手形

2014年8月6日(水)の歴史講座 「尼崎城門の通行手形―岡本家文書でみる「御門通札」の発行と変遷―

高塚1号墳現地説明会

夙川西側の高塚町にある小山に開発事業(70戸ほどのマンション建設らしい)が あるために古墳の発掘調査