*

井戸からみた阪神地域

      2014/09/09

12月19日(水)の歴史講座「井戸からみた阪神地域―弥生から中世の発掘資料―」を
聴講した感想ご紹介します。

発掘調査で井戸はしばしば見つかるそうで、阪神間の遺跡から出土した井戸について
報告書の写真や図面を見ながら説明を聞きました。

2012.12.19.

まず、井戸は弥生時代の頃からあると考えられているそうです。
ただ飲料用としては川の水や湧き水などを利用することが多かったと考えられていて、
他の理由として稲作に、環濠集落の堀に、青銅器加工に必要だった、などいろいろ
考えられるようですが何をきっかけに井戸が出来たのかはっきりわからないそうです。

また、井戸の構造としても材質で分類したり工法によって分類したりと研究者によって
いろいろあるということも説明がありましたが、井戸枠の材質が素掘り・木・石・土器など
という分類が私には分かりやすかったです。

尼崎の深田遺跡では奈良~鎌倉時代の井戸がとてもたくさんの出土しているとか、
芦屋の寺田遺跡では奈良・平安・室町時代の井戸がひとつずつ、4~5mほど離れた
だけの場所に掘られていたりとか、面白い遺跡を紹介してもらいました。

そして西宮の井戸は、ガーデンズのところにある高畑町遺跡から、奈良時代の
官衙(かんが・役所のこと)にあったような立派な井戸や、井戸枠に甕を使った
平安時代の井戸などが出土しているそうです。

 2012.12.19. 2012.12.19.

さらに今年、西宮神社社頭遺跡で発見された縦板組みの井戸も紹介されましたが
こちらは調査中にもどんどん水が湧いてきて調査が大変だったそうです。

井戸枠の周りにも水が溢れ出す 2012.12.19.

阪神間の遺跡の井戸を比較してみて、奈良時代のものなどは工法などに
そう地域差はないそうなのですが、鎌倉室町時代に大阪や奈良でよく見られる
羽釜を重ねて井戸枠に使うものは尼崎では見られるそうですがそれより西のほうでは
ほとんど見られないなどの特徴もあるようで、さらに詳しく比較してゆくとまた何か
おもしろい発見があるかもしれませんね。

 

 -歴史講座・現地見学会など, , ,

  関連記事

名塩のだんじり小屋

名塩のそう広くない地域ですが7町が持っているだんじり庫を見学に行きました。 次々と案内してもらいあれ

青石古墳見学会

指定文化財公開展「西宮市指定の史跡・古墳」 2014年10月28日(火)~11月30日(日) 西宮市

西宮市立郷土資料館

西宮の後期古墳

第36回特集展示 「西宮の後期古墳」 2011年11月29日(火)~2012年1月29日(日)  西

2012.7.8.

福應神社の夏祭

この夏の郷土資料館の特別展示は西宮市内の神社のだんじりについてです。 それに関連して祭りやだんじりを

生瀬周辺の文化財をめぐる

さくらFMの「まちたびラヂヲ」特別編でラジオの生放送と一緒に現地を見学する ウォークの7回目は生瀬周

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度

「大坂城石垣石丁場跡」関連講座

国史跡に指定されることとなった「大坂城石垣石丁場跡 東六甲石丁場跡」に 関連するセミナーなどがいくつ

調べた!見つけた!なまぜ-生瀬地区文化遺産調査から-

西宮市立郷土資料館で開催中の特集展示「まちのきおく」に関連しての講座 「調べた!見つけた!なまぜ-生

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

慶長十年摂津国絵図

指定文化財公開&特集展示「国絵図・町絵図・村絵図」展が始まりました。まず初めは、貴重な資料の