*

調査団 古文書班・121221・一冊目終了

      2014/09/06

私が担当していた一冊が今日やっと終りました~!
念のため、書き写したノート(二冊と数ページ分になりました)を最初からもう一度
見直しているところですが、初回に読めてなかったところが今は読めたり、
間違ってるところを発見したりしています。
 

2012.12.21.

ざっと振り返ったところ、この一冊で約230世帯ほどが書かれていました。

この一冊だけが読めたところで何か研究できるほどのものでもないのですが、
自分なりに興味を引かれる事柄をまとめています。
今までご紹介した内容とも重なりますが旦那寺をまとめてみているのと、
気になる屋号をピックアップして紹介してみようと思っています。

         -活動日2012.12.21.(金) 団員5名+学芸員2名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・141225・旦那寺地図

今までの調査の中で旦那寺の所在地を地図にしたものをまとめておきます。 いずれもたまたま調査したある年

調査団 古文書班・190426・筆写開始

浜石在町宗門帳96冊の調査台帳作成が前回終わり、いよいよ筆写スタートです。 今までは見たそのままをノ

調査団 古文書班・150122・西宮の旦那寺

これをパッと見たとき、西宮市の鳴尾の北にある小松町の等覚寺だと 思ったのですが、よく見ると 光 にし

調査団 古文書班・130315・伜の結婚

嘉永四(1851)年借地一向宗門帳は50軒ほどだったので早く終わり、 次は翌年嘉永五(1852)年分

調査団 古文書班・150821・養子

宗門帳には、人物が移動した場合には理由が書かれている場合があります。 小さい字だし、翌年度に新しい冊

調査団 古文書班・150611・芦屋の旦那寺

芦谷村という地名に悩みましたが、芦屋市西山町の安楽寺の事だと思います。 芦屋村と表記している年もある

調査団 古文書班・150902・家出

家を飛び出してしまう人もちょこちょこといたようです。 理由などはまったく書かれていませんが、探したり

代判

調査団 古文書班・120711・代判備中屋利助

宗門帳には戸主が確認のため毎月判子を押すのですが、これは成人男性だけに認められた ことで、女性戸主や

2012.7.6.

調査団 古文書班・120706・幼い戸主

古文書調査のページが進んでいくと、またまた若い戸主がいました。 この場合はなぜ母親が戸主にはならない

調査団 古文書班・150212・土地の所有者

今調査しているのは浜東町に住んでいる人の宗旨人別帳ですが、 自分所有の土地に住んでいる人(家持)、借