*

調査団 古文書班・150122・西宮の旦那寺

      2015/01/23

.t-toukaku-150108CIMG9676
これをパッと見たとき、西宮市の鳴尾の北にある小松町の等覚寺だと
思ったのですが、よく見ると 光 にしか読めない…。
最初の三画が中左右の順で書かれているので、辞書で確認すると 覚 を
その筆順で書く場合もないことはないようですがみためは 光。

地名辞典を見ると、兵庫県と大阪府には小松村が他にはなかったようなので
但し書きをつけて一応等覚寺として書き写すことにしました。
前後の年度があればもっとはっきりすると思いますので、後日確認です。

 
-活動日2015.1.22.(木)  団員4名+学芸員1名 郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・190724・代判人の書き方

西宮町宗門帳の調査は、昨年度までは浜東町(現用海町や石在町東側あたり)、今年度からはその西隣の浜石在

調査団 古文書班・130618・禅真法宗

去年の活動開始からたまたま一向宗の宗門帳を何冊か担当していましたが、 次に取り掛かるのは禅・真言・法

調査団 古文書班・190925・廿

    宗門帳に書かれている年齢はもちろん漢数字です。 今はあまり使われていない漢字でよく出てくるの

調査団 古文書班・191226・浜東町の消滅

明治時代以降に何度か町名変更があり、今は浜東町という名前はありません。 下左図は江戸時代後期の西宮町

調査団 古文書班・121128・記号の判子

宗門帳で見れる判子のデザインはいろいろ面白いものがあります。

調査団 古文書班・130521・四国順拝

名前の上に白い貼り紙があって削除?されている熊蔵について但し書きがありました。

調査団 古文書班・200123・此分口ヘ出ス

次年度の作成のためとメモと思われる貼紙がよくありますが、こういう貼紙は一度使ってる紙の裏を使うのと、

調査団 古文書班・190418・調査台帳作成

新年度の古文書班活動は新しく3名増えてスタートです。 昨年度で浜東町の調査を終わり、浜石在町の宗門帳

小山屋宗太郎

調査団 古文書班・120627・若い戸主

宗門帳を読んでいると若い戸主がいました。

調査団 古文書班・140204・禅真言法花旦那寺

夏から担当していた「文久元(1861)辛酉年十月 禅真言法花 宗門帳」の 翻刻作業が終わりました。