*

調査団 古文書班・150122・西宮の旦那寺

      2015/01/23

.t-toukaku-150108CIMG9676
これをパッと見たとき、西宮市の鳴尾の北にある小松町の等覚寺だと
思ったのですが、よく見ると 光 にしか読めない…。
最初の三画が中左右の順で書かれているので、辞書で確認すると 覚 を
その筆順で書く場合もないことはないようですがみためは 光。

地名辞典を見ると、兵庫県と大阪府には小松村が他にはなかったようなので
但し書きをつけて一応等覚寺として書き写すことにしました。
前後の年度があればもっとはっきりすると思いますので、後日確認です。

 
-活動日2015.1.22.(木)  団員4名+学芸員1名 郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・150514・大阪の旦那寺

摂津国嶋下郡は今の大阪府吹田市や茨木市あたりになります。 法性寺という寺は地名辞典では見つけられず、

調査団 古文書班・190426・筆写開始

浜石在町宗門帳96冊の調査台帳作成が前回終わり、いよいよ筆写スタートです。 今までは見たそのままをノ

調査団 古文書班・130604・備中屋利助

以前にも紹介しましたが、またまた備中屋利助さんの登場です。

調査団 古文書班・150212・土地の所有者

今調査しているのは浜東町に住んでいる人の宗旨人別帳ですが、 自分所有の土地に住んでいる人(家持)、借

調査団 古文書班・150116・引越と変宅

宗門帳の本文(寺名や氏名など)のほかに、移動事項が注記として書き込まれて いることがありますが、使い

調査団 古文書班・120615・宗門帳とは

西宮歴史調査団の古文書班の活動の基本的なことをまとめておきたいと思います。

調査団 古文書班・130315・伜の結婚

嘉永四(1851)年借地一向宗門帳は50軒ほどだったので早く終わり、 次は翌年嘉永五(1852)年分

調査団 古文書班・160520・水帳絵図

今日の活動はメンバー大集合でした(笑) ちょうど水帳絵図の調査を分担して取り掛かろうというところだっ

調査団 古文書班・150624・幼い戸主

今までに幼い戸主として 10才と5才を紹介しましたが、今度は2才です。 釜屋伊之助 年弐     (

調査団 古文書班・131015・右か左か

筆文字の崩し字は楷書では似てなくてもよく似ている文字などもありますが、 もともと似ている文字はさらに