*

調査団 古文書班・150122・西宮の旦那寺

      2015/01/23

.t-toukaku-150108CIMG9676
これをパッと見たとき、西宮市の鳴尾の北にある小松町の等覚寺だと
思ったのですが、よく見ると 光 にしか読めない…。
最初の三画が中左右の順で書かれているので、辞書で確認すると 覚 を
その筆順で書く場合もないことはないようですがみためは 光。

地名辞典を見ると、兵庫県と大阪府には小松村が他にはなかったようなので
但し書きをつけて一応等覚寺として書き写すことにしました。
前後の年度があればもっとはっきりすると思いますので、後日確認です。

 
-活動日2015.1.22.(木)  団員4名+学芸員1名 郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

2012.5.9.

調査団 古文書班・120509・調査活動開始

西宮歴史調査団の新しい調査活動「古文書班」の活動が始まりました。 古文書班は西宮市所蔵文書のうちの西

調査団 古文書班・150717・筆文字の個性

前回から、新人メンバー用の見本帳も兼ねてこの3年間をまとめなおして 記事を書いていますが、浜東町分6

調査団 古文書班・131001・土地の屋号

単調な翻刻作業の中、個人的に面白いと思うことを紹介しているのですが、 面白いには「興味深い」と「楽し

調査団 古文書班・150603・宝塚の旦那寺

江戸時代に街道筋の宿場町として栄えた小浜村の法仙寺は 現在小浜五丁目にある寺の事だと思われます。 &

調査団 古文書班・160219・養父

続柄のいろいろを紹介していますが、初めて「養父(ようふ)」がありました。 パッと見て「養」には見えな

調査団 古文書班・130315・伜の結婚

嘉永四(1851)年借地一向宗門帳は50軒ほどだったので早く終わり、 次は翌年嘉永五(1852)年分

調査団 古文書班・180511・浜東町確認作業

今年度古文書班に加わった2人の新人さんは、最後に残った宗門帳を ノートに書き写す作業を担当することに

調査団 古文書班・131015・右か左か

筆文字の崩し字は楷書では似てなくてもよく似ている文字などもありますが、 もともと似ている文字はさらに

調査団 古文書班・140508・横長の印

ちょっと変わった横に長いハンコが出てきました。

調査団 古文書班・130227・屋号いろいろ

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に出てくるたくさんの屋号の中から 屋号をいくつかピック