西宮流へ戻る

調査団 古文書班・191226・浜東町の消滅

明治時代以降に何度か町名変更があり、今は浜東町という名前はありません。

下左図は江戸時代後期の西宮町の宅地の範囲の推定で、赤い範囲が浜東町です。
浜東町は特に拡大したからか、幕末の慶応2年には1~3丁目に別れました。
明治8年の地租改正の時に、浜東町とその北の東町とさらに北の与古道町までが
ひとつの町「字1号地」となり浜東町の名前がなくなります(下右図黄緑の範囲)。
ただ明治22年には大字として浜東町(はまひがしのちょう)1~3丁目が復活します。

次に大正14年の町名変更で、 これまで浜東町の北にあった東町が他の町と
一緒に「本町」になり、かわりに浜東町の場所が東町(ひがしのちょう)の町名に
なり、ここで浜東町の名前が消滅します。
下左図の黄色が東町3丁目、その東の青色が2丁目、その東の赤色が1丁目です。

そして昭和20年に空襲で焼けて、戦後の戦災復興都市計画で新しい道路を
作ったのが昭和35年の地図(上右図)ですが、道路や区画は新しくなったけれど
町界のラインがまだ昔のままで、なんか変な感じになっている状態です。
このあと昭和39年に新しい道に合わせて町界を移動させる調整をしたところ、
石在町が東へずれてきたので東町3丁目はなくなり、1・2丁目だけになりました。

大正14年の町名変更では資料に「ひがしのちょう」とルビがあり、今の町名は
「ひがしまち」と言いますが、どこで変わったのかはわかりませんでした。

-活動日2019.12.26.(木)  団員9名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました