*

調査団 古文書班・近隣村の寺

      2014/09/18

西宮の宗門帳を読んでいるので寺の所在地はほぼ西宮で、たまに阪神間の地名が
出てきますが、今まで聞いた事のない地名もあって少し調べています。
阪神間を大きく外れることはないとは思うのですが・・・。

   

「一向宗轟木村順正寺」
今の池田市の、摂津国豊島郡(てしまぐん)にあった轟木村のようです。

「一向宗小路村円光寺」
小路(しょうじ)という地名は尼崎の水堂や大阪の中津にあったようですが
神戸の摂津本山の円光寺ではないかと思います。

-古文書班活動報告-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・191220・浜東町の拡大

以前にも概要を紹介しましたが、浜東町歩きで調べた町の拡大について紹介します。江戸時代の西宮町の様子を

s-120523CIMG8309

調査団 古文書班・120523・翻刻スタート

西宮歴史調査団の古文書班はいよいよ翻刻に挑戦です!

調査団 古文書班・140516・代判の理由

宗門帳の確認の印は戸主が押しますが、戸主が女性や十代ぐらいの 若い男性の場合は代わりに印を押す成人男

調査団 古文書班・140606・神戸の旦那寺

現在調査担当しているなかに、新しい旦那寺が出てきました。 一向宗兵庫津西光寺です。

調査団 古文書班・170809・多紀郡

丹波国多紀郡ってちょっと遠いよね? と思いながら地名辞典を調べていました。 はじめは「八良田新田」と

調査団 古文書班・160224・浜方庄屋

いま担当している宗門帳の終りの方のページに「濱方庄屋」が出てきました。 なんとなくえらい人は一番前に

調査団 古文書班・160617・水帳絵図の印形改

  私の担当の部分10軒の縮図は一応描けたので、次にとりかかる土地所有者名の 貼紙の確認を少しだけし

調査団 古文書班・130313・借地帳

二冊目は借地人の帳面を担当しました。 基本的な内容は今まで取り組んでいた借家人の帳面と同じです。

調査団 古文書班・130711・禅宗旦那寺

まだ翻刻の途中ですが、ざっと見たところ禅宗の旦那寺は西宮町の寺ばかりのようです。

調査団 古文書班・131128・法華宗の旦那寺

「文久元(1861)辛酉年十月 禅真言法花 宗門帳」の法花宗の旦那寺は 尼崎が多かったです。