*

調査団 古文書班・191220・浜東町の拡大

      2019/12/21

以前にも概要を紹介しましたが、浜東町歩きで調べた町の拡大について紹介します。
江戸時代の西宮町の様子を描いた町絵図は5種類わかっていて、それらの絵図は
宅地と田畑が色分けして描かれています。宅地の範囲を見れば拡大の様子が
分かりやすいと思い、比較しやすいよう現在の地図の上に書き写しました。

一番古い1684年(貞享元年)の絵図(西宮市史第二巻付図第一図)と、一番新しい
江戸時代後期1810年代頃かと思われる絵図(にしのみやデジタルアーアイブ)の
範囲を推測してみました。
 
 
左の大きい黄緑が西宮神社で、西宮町全体の宅地の範囲に色を塗り、そのうち
今回歩いた浜東町の範囲を赤く塗っています。

絵図の縮尺はバラバラですが、こうやって揃えてみると本町通あたりの町方は
北に一筋拡大したぐらいで、今の国道43号線より南の浜方がどんどん南へ
広がっていったことがよくわかりました。
浜東町は六湛寺川と東川が接したあたり「要害の地」では宅地はあまり広がって
おらず、今津村へと続く南東の道に沿って広がっているように思いました。
また海岸線はかなり変わったようにも見えるのですがよくわかりませんでした。

-活動日2019.12.20.(金)  団員11名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・女性の名前(か~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめてみます。

調査団 古文書班・130604・備中屋利助

以前にも紹介しましたが、またまた備中屋利助さんの登場です。

調査団 古文書班・150826・縁付

結婚に関する移動も注記事項に書かれています。 また、ここに挙げているのは養子ですが離婚となって実家に

調査団 古文書班・150130・伊丹の旦那寺

  今も伊丹にたくさん寺が残っていますが、JRと阪急の伊丹駅の間の 伊丹市宮ノ前2丁目に浄土宗光明寺

調査団 古文書班・160617・水帳絵図の印形改

  私の担当の部分10軒の縮図は一応描けたので、次にとりかかる土地所有者名の 貼紙の確認を少しだけし

調査団 古文書班・女性の名前(あ~)

今までいろいろ見てきた中で出てきた女性の名前をまとめてみようと思います。

2012.5.9.

調査団 古文書班・120509・調査活動開始

西宮歴史調査団の新しい調査活動「古文書班」の活動が始まりました。 古文書班は西宮市所蔵文書のうちの西

調査団 古文書班・浜東町の寺

濱東町の宗門帳を読んでいてよく出てくるお寺は信行寺と正念寺です。

調査団 古文書班・190426・筆写開始

浜石在町宗門帳96冊の調査台帳作成が前回終わり、いよいよ筆写スタートです。 今までは見たそのままをノ

調査団 古文書班・170809・多紀郡

丹波国多紀郡ってちょっと遠いよね? と思いながら地名辞典を調べていました。 はじめは「八良田新田」と