*

調査団 古文書班・191220・浜東町の拡大

      2019/12/21

以前にも概要を紹介しましたが、浜東町歩きで調べた町の拡大について紹介します。
江戸時代の西宮町の様子を描いた町絵図は5種類わかっていて、それらの絵図は
宅地と田畑が色分けして描かれています。宅地の範囲を見れば拡大の様子が
分かりやすいと思い、比較しやすいよう現在の地図の上に書き写しました。

一番古い1684年(貞享元年)の絵図(西宮市史第二巻付図第一図)と、一番新しい
江戸時代後期1810年代頃かと思われる絵図(にしのみやデジタルアーアイブ)の
範囲を推測してみました。
 
 
左の大きい黄緑が西宮神社で、西宮町全体の宅地の範囲に色を塗り、そのうち
今回歩いた浜東町の範囲を赤く塗っています。

絵図の縮尺はバラバラですが、こうやって揃えてみると本町通あたりの町方は
北に一筋拡大したぐらいで、今の国道43号線より南の浜方がどんどん南へ
広がっていったことがよくわかりました。
浜東町は六湛寺川と東川が接したあたり「要害の地」では宅地はあまり広がって
おらず、今津村へと続く南東の道に沿って広がっているように思いました。
また海岸線はかなり変わったようにも見えるのですがよくわかりませんでした。

-活動日2019.12.20.(金)  団員11名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

【中止】令和元年度西宮歴史調査団活動報告会

新型コロナウィルス感染症の国内での感染発生に伴い、 西宮歴史調査団2019年度活動報告会は中止となり

調査団 古文書班・200708・身躰限り

7月になってようやく今年度の古文書班活動がスタートしました。今までも広い部屋で集まっていましたが、隣

調査団 古文書班・130213・大坂の旦那寺

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に書かれた旦那寺についての 紹介も最後になりますが、ち

調査団 古文書班・150701・動物園?

亀・鶴・虎 と私の頭の中では変換されてしまいました。 だからどうしたということもないのですが、ひたす

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

調査団 古文書班・130315・伜の結婚

嘉永四(1851)年借地一向宗門帳は50軒ほどだったので早く終わり、 次は翌年嘉永五(1852)年分

調査団 古文書班・130822・真言宗

「文久元(1861)辛酉年十月 禅真言法花 宗門帳」に取り組んでいますが、 禅宗のページが終って真言

調査団 古文書班・140718・めでたい判子

判子の話題続きでついでに、縁起のよさそうな文字を集めてみました。 もちろん私が読める範囲でということ

平成30年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の平成30年度の活動報告会が行われました。 団員の他、一般の方も10人近く発表を聞いて

調査団 古文書班・140704・判子の向き

判子には文字が読めるように天地があるはずなのですが、けっこうあっちこっち いろんな方向を向いています