*

調査団 古文書班・190726・西宮町の変遷

   

江戸時代の西宮町の町名と今の西宮神社周辺から南あたりの町名はよく似ているので
昔から変わらないかと思ってしまいますが、微妙に違っているので注意が必要です。
宗門帳調査で出てくる町名について移り変わりを少し調べているところなので、
おおまかな流れをまとめて覚書としておきたいと思います。

江戸時代の西宮町は小さな町がたくさん集まった広い範囲を指しますが、その中でも
古くから栄えていた街道筋の「町方」と、その後酒造業などで発展してきた「浜方」に
分けることができます。
町方は、西宮神社の赤門から東へ延びる道沿いの釘貫町・中之町・鞍掛町・久保町・
石在町・東之町のほか社家町・馬場町・図子町・浦之町・宮武町・市庭町・浜脇町・
今在家町・与古道町です。
浜方は浜之町・浜鞍掛町・浜久保町・浜石在町・浜東町で、町方の町名の浜側という
ことでついた名前のようです。
江戸時代の西宮町については絵図が何点か残っていて、詳しく見るには
にしのみやデジタルアーカイブ「古地図」や『西宮市史』2巻付図や
西宮市立郷土資料館ニュース26号「西宮町浜図」などがあります。

明治になって地租改正のために全国で町名を整えるときに、西宮町のあたりは
東から西へ1号地~3号地と区分けされその下は番号で細かく分けられたようです。
ただ番号はわかりにくいということで、明治22年市制町村制実施の時に旧字名が
一部復活したりもしているようです。
そして大正14年に西宮町が西宮市になる時に町域町名の変更があり、赤門前の
道筋は本町という町名に改正されて江戸時代の町名はなくなりました。
明治以降昭和前期頃の地図は、西宮市立図書館の蔵書や西宮市情報公開課の資料を
いくつか確認してみました。

第二次世界大戦で空襲(5月11日・6月5日・8月6日) があったときの被災地域を
示したのが上の図で、国立公文書館デジタルアーカイブ戦災概況図西宮 」の
資料の一部を拡大しています。
戦後の復興整備計画では戦前から計画のあった第2阪神国道(国道43号線)の
用地を確保して、 町中に公園を作って、 特に浜方の南北に細長く伸びた不規則な
街並みが整理され 、などここで今の町が出来上がったようです。

参考資料
『西宮町誌』、『西宮市史』2巻   
『町名と祭りの話』山下忠男
『西宮復興区画整理誌』西宮市

-活動日2019.7.26.(金)  団員10名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・151016・改名

昔の人は良く名前を変えているという印象があります。 イメージとしては成人したときに幼名から名前を変え

調査団 古文書班・130227・屋号いろいろ

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に出てくるたくさんの屋号の中から 屋号をいくつかピック

調査団 古文書班・160318・嫁

  宗門帳には戸主を筆頭に家族の名前と戸主との続柄が書かれています。 親夫婦と息子夫婦が一家にいる場

調査団 古文書班・140925・轟木村より

以前調査した別の年度の冊子でも見かけた轟木村からの家族に気が付きました。

調査団 古文書班・130912・座頭

私が宗門帳を読んでいて職業のわかるケースは医師だけですが、 他の冊子には別の職業も出てきたそうです。

調査団 古文書班・190724・代判人の書き方

西宮町宗門帳の調査は、昨年度までは浜東町(現用海町や石在町東側あたり)、今年度からはその西隣の浜石在

調査団 古文書班・150717・筆文字の個性

前回から、新人メンバー用の見本帳も兼ねてこの3年間をまとめなおして 記事を書いていますが、浜東町分6

調査団 古文書班・150603・宝塚の旦那寺

江戸時代に街道筋の宿場町として栄えた小浜村の法仙寺は 現在小浜五丁目にある寺の事だと思われます。 &

調査団 古文書班・180511・浜東町確認作業

今年度古文書班に加わった2人の新人さんは、最後に残った宗門帳を ノートに書き写す作業を担当することに

調査団 古文書班・170727・川辺郡

最近ブログを更新していませんが、古文書班の活動は今年度は毎週あります。 見学も可能ですので興味のある