*

調査団 定例会・200111・震災を伝える文化財

   

阪神淡路大震災25年事業パネル展「震災を伝える文化財」の開催に合わせ、
今日の定例会では災害復旧と文化財について勉強しました。

近年は地震だけでなく台風や水害なども頻発し大きな被害が起こるように
なってきていて、被害からの復旧の大変さや、いざ被害を受けたときに
するべきことや、そもそも被害を受けないようにどう備えておくかなど、
考えることはたくさんあるというお話でした。

指定文化財は管理担当者が決められているから誰かが面倒見るけれど、
それ以外の身近なところにある文化財はどこにどんな状態であるかが
よく知られないままいつの間にかなくなってしまうということがあります。
そこでまずは現状を記録に残していくという調査活動を進めていくために
西宮歴史調査団が発足したということにつながっています。


西宮市立郷土資料館で震災で傷んだ文化財の写真と解説が展示されています。
2020年1月7日(火)~1月31日(金) 月曜休館
https://www.nishi.or.jp/bunka/rekishitobunkazai/ritsukyodoshiryokan/shinsai-bunkazai.html

また西宮市役所1F廊下のアーカイブコーナーでも 阪神・淡路大震災25年事業
「原点 記録を残す」 として写真や市役所の資料が展示されています。
2019年12月2日(月)~2020年1月31日(金) 土日休館
https://www.nishi.or.jp/bunka/rekishitobunkazai/mukashiphoto/archive-nishinomiya.html


-活動日2020.1.11.(土)-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -.活動報告, 西宮歴史調査団

  関連記事

新型コロナ流行により活動休止中

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、3月ごろからあれこれとイベントなど人の集まる企画が中止となり

西宮歴史調査団と歩く旧西宮町

西宮市歴史調査団の現地解説会の様子を写真で簡単に紹介します。 普段どんな調査をしているのかを現場に行

平成25年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある文化財を調査して 記録に残し、その成果を

調査団 地蔵班・調査報告書作成

西宮歴史調査団では身近にあるお地蔵様についての悉皆調査をおこなっていました。 街中をくまなく歩いてひ

西宮歴史調査団

調査団と歩く今津・甲子園

西宮歴史調査団は、市内の身近にある文化財を全て調査して記録に残していく事を 目的にしている市民ボラン

H27年度西宮歴史調査団活動報告会

丸10年活動をしてきた西宮歴史調査団の平成27年度活動報告会 が開催されました。 平成28年3月12

平成28年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団の2016年度の活動がスタートしました。 今年度も橋梁・石造物・古文書・竜吐水の4班で

平成31年度西宮歴史調査団活動

平成31年度は2019年度でもあるけれど令和元年度と言ってもいいものか? などぼんやり考えているうち

西宮の地蔵

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました! (第1集は「甲山八十八ヶ所」です)

お地蔵さまサミット

歴史調査団の地蔵班は市内の悉皆調査を終わり報告書を発行して、調査活動は 基本的に終了していますが、先