*

調査団 古文書班・150116・引越と変宅

      2015/01/23

宗門帳の本文(寺名や氏名など)のほかに、移動事項が注記として書き込まれて
いることがありますが、使い方の区別がよくわからない単語があります。

.iten121221CIMG1479 .iten140620CIMG7243 .iten-141219CIMG9465t

左) 同町藤屋増治郎借家三田屋吉次郎方ゟ別宅致ス
中) 同町熊内屋清八かし家ヘ変宅
右) 右之者濱之町上念屋久左衛門方ゟ引越来ル

どのような移動状況の時にどの語句が使われているかまでは調べては
いないので、使い分けがあるかないかわかりません。
ただ、別宅は一家の中から一人だけ別に住まいするイメージなのですが、
変宅と引越は一家まるごと転居の同じ意味のように思えるのですが…。

 

———-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

120711CIMG8819k

調査団 古文書班・引越しました

以前ここに書いた古文書班の記事を見た古文書班のメンバーから、同じ家族が その人の担当している冊子にも

調査団 古文書班・131105・針醫師

文久三(1863)年の浄土宗宗門帳に新しい職業記載を見つけました。

調査団 古文書班・150902・家出

家を飛び出してしまう人もちょこちょこといたようです。 理由などはまったく書かれていませんが、探したり

調査団 古文書班・150701・動物園?

亀・鶴・虎 と私の頭の中では変換されてしまいました。 だからどうしたということもないのですが、ひたす

調査団 古文書班・130215・西宮の屋号

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に出てくるたくさんの屋号の中から まず西宮にゆかりのあ

調査団 古文書班・150206・神戸の旦那寺

    新しく出てきた浄土真宗八幡村梅仙寺は、神戸市東灘区八幡町、 阪急六甲駅近くに今もあるようです

調査団 古文書班・151008・相果

生まれたり亡くなったりした場合も印の横に注記が小さく書き込まれます。 生まれた場合は「生 〇〇(名前

調査団 古文書班・150619・浜方庄屋

他のメンバーの調査中の史料にちょっと変わった肩書の住人がいました。 「濱方庄屋」有岡太兵衛 です。

調査団 古文書班・170727・川辺郡

最近ブログを更新していませんが、古文書班の活動は今年度は毎週あります。 見学も可能ですので興味のある

調査団 古文書班・170824・飾西郡

郡の名前が二文字目は西だと思ったのですがよくわからなくて、地名辞典で 調べると播磨国飾西(しきさい)