*

震災から20年を迎えて

      2015/01/11

阪神淡路大震災から20年の今年は特集記事や記念行事などいろいろな面での
振り返りの企画が見られますが、文化財保護についても大きな出来事でした。

といっても、震災当時は私は特に文化財に関わっていたわけではなかったし
その時は自分の日々の生活で手一杯でしたが、ここ数年は西宮歴史調査団に
参加して文化財というものがすこし身近になってきたので、最近少しずつ
いろいろ勉強しているところです。

さて、西宮市立郷土資料館でも、震災関連の展示をしています。

巡回パネル展「震災と文化財」
http://www.nishi.or.jp/contents/0003198000040004800699.html
平成26年12月23日(火)~27年1月11日(日) 最終日は正午まで開催
兵庫県内の施設を巡回して震災時の県内各市の被害の様子やその後の
取り組みなどを紹介するパネル展が、今西宮で開催されています。
141225IMG_9288px

特集陳列「文化財をまもる~震災後の文化財保護20年の記録と展望」
http://www.nishi.or.jp/contents/0001450000040004800699.html
平成27年1月6日(火)~2月1日(日) 10時~17時 月曜休館
西宮での被災と復旧の様子を紹介しています。
150108CIMG9661x 150110CIMG9713x

また、中央図書館入り口では中央図書館の被災の様子の写真や当時の
新聞記事を平成27年1月6日(火)~1月12日(月)まで展示しています。
150108CIMG9668x

鳴尾図書館では震災記録写真展&震災関連図書ブックフェア
平成27年1月7日(水)~2月1日(日)まで開催されるそうですので、早めに
行ってみようと思います。
http://www.nishi.or.jp/homepage/shicyo/koho/shiseinews/2015/15_0101/201501011449_0201.html

 

 -歴史講座・現地見学会など, 西宮市立郷土資料館

  関連記事

高畑町遺跡出土木製品 学芸員解説

西宮市立郷土資料館で開催中の指定文化財公開展は、昨年2014年に指定された 「高畑町遺跡出土木製品」

観天望気—自然とつきあう知恵と祈りの伝承について—

2015年8月12日(水)の歴史講座 「観天望気—自然とつきあう知恵と祈りの伝承について—」 を聴講

神原周辺の文化財をめぐる

国際博物館の日記念の文化財ウォーク「神原周辺の文化財をめぐる」 がありました。 朝降っていた雨も何と

西宮市立郷土資料館

百姓逃散

第34回特集展示 「百姓逃散―江戸時代の百姓ストライキ―」 2011年4月26日(火)~7月10日(

くずし字にふれる~身近な変体かな~

西宮市立北口図書館との共催で北口図書館において郷土資料展示&ブックフェア 「岡本宇兵衛の大庄

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、

2012.7.8.

福應神社の夏祭

この夏の郷土資料館の特別展示は西宮市内の神社のだんじりについてです。 それに関連して祭りやだんじりを

具足塚古墳現地解説会

具足塚(ぐそくづか)古墳が西宮市史跡に指定され、現地見学会がありました。 場所は広田神社前バス停すぐ

西宮の後期・終末期古墳

2014年2月19日(水)の歴史講座「西宮の後期・終末期古墳」を聴講した 感想ご紹介します。