*

西宮地域の宗旨人別帳

      2015/03/04

郷土資料館の第44回特集展示「西宮地域の宗旨人別帳」の後期展示が始まりました。

前期展示は学芸員が調査した17世紀(江戸時代前期頃)の農村部である瓦林村の
宗門帳を展示していましたが、後期展示は19世紀(江戸時代後期)の町である
西宮町の宗門帳を歴史調査団古文書班の調査も一部取り入れて展示しています。

時代や場所が違うと書類の形式も違ってきますが、同じ西宮町の中にある浜東町と
他の町でも表題が微妙に違ったりして、おもしろいです。
(下の写真は前期展示の様子です)
150214CIMG0234x 150214CIMG0232x

開催期間:平成27年2月24日(火)~3月22日(日)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
西宮市HP http://www.nishi.or.jp/contents/0002397300040004800699.html

 

 -古文書班, 西宮市立郷土資料館

  関連記事

平成28年度西宮歴史調査団活動報告会

今年も年度末の活動報告会が開催され、各班からいろいろとおもしろい話を 聞くことが出来ました。 調査団

調査団 古文書班・170727・川辺郡

最近ブログを更新していませんが、古文書班の活動は今年度は毎週あります。 見学も可能ですので興味のある

調査団 古文書班・140925・轟木村より

以前調査した別の年度の冊子でも見かけた轟木村からの家族に気が付きました。

調査団 古文書班・200128・ハンコの枠

西宮町宗門帳は戸主の名前を書いた上部に毎月ハンコが押されていますが、まっすぐ押せるようにガイドの枠が

平成29年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の一年間のまとめである活動報告会がありました。 今年度はスライドを見てもらいながら話し

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

西宮の地蔵

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました! (第1集は「甲山八十八ヶ所」です)

調査団 古文書班・160114・活動報告準備

今日は調査団活動への参加を考えているという方が見学に来られて いましたが、そろそろ新年度メンバーの勧

調査団 古文書班・131105・針醫師

文久三(1863)年の浄土宗宗門帳に新しい職業記載を見つけました。

大坂城石垣石丁場 東六甲石丁場跡

六甲山に広がる徳川時代の大坂城再築用の石切り場については今までにも 郷土資料館の学芸員による講座があ