*

調査団 古文書班・150220・備中屋利助

   

以前、(榮)の判子が印象深くて他の年度でもすぐ気が付くと言っていた
備中屋利助さんちですが、他の人が調査済みで私が見たことなかった
安政五(1858)年の原本を出してもらって確認しました。

R58-141113CIMG9035
下半分が白いのはこの帳面から削除済みというしるしの貼紙があるからです。
上半分の文字の書かれた張り紙は、この場所か隣などに引っ越してきた家の
家族情報の追加のメモで、新年度の帳面を作るときに書き加えられます。

この帳面からの削除理由は「播磨屋久兵衛かし家江変宅」と移転であることが
開いている部分に小さく書き込まれています(下写真の左上)。
R58-141113CIMG9041k
その下には、息子の力松が四国巡礼に行ったので通行手形を発行したと
書かれていて(伜力松心願之儀有之四国巡拝罷出候ニ付往来手形差出ス)、
次年度の帳面には名前がありませんでした。

 

-活動日2015.2.26.(木)  団員7名+学芸員1名 郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・140516・代判の理由

宗門帳の確認の印は戸主が押しますが、戸主が女性や十代ぐらいの 若い男性の場合は代わりに印を押す成人男

調査団 古文書班・151112・水帳絵図

先日「水帳(みずちょう)絵図」などの史料を学芸員さんが調査撮影している 様子を見学させてもらいました

調査団 古文書班・130711・禅宗旦那寺

まだ翻刻の途中ですが、ざっと見たところ禅宗の旦那寺は西宮町の寺ばかりのようです。

調査団 古文書班・160211・女性の名前

前の古文書班の記事で紹介した人ですが、「ゆか」さんです。 まず見たものは変体仮名の「遊可」と書かれて

調査団 古文書班・130806・宗旨手形之事

「文久元(1861)辛酉年十月禅真言法花宗門帳」の間に書状が挟まっていました。

調査団 古文書班・女性の名前(あ~)

今までいろいろ見てきた中で出てきた女性の名前をまとめてみようと思います。

調査団 古文書班・130315・伜の結婚

嘉永四(1851)年借地一向宗門帳は50軒ほどだったので早く終わり、 次は翌年嘉永五(1852)年分

古文書

調査団 古文書班・120822・よく似た崩し字

久しぶりの古文書班の活動でした。 「一ヶ月ぶりだとせっかく慣れてた頭がにぶってるなぁ」と苦笑いしなが

調査団 定例会・191214・浜東町まち歩き

調査団10月定例会で、古文書班が昨年度まで調査していた浜東町に関連しての現地解説を行う予定でしたが、

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・