西宮流へ戻る

調査団 古文書班・150220・備中屋利助

以前、(榮)の判子が印象深くて他の年度でもすぐ気が付くと言っていた
備中屋利助さんちですが、他の人が調査済みで私が見たことなかった
安政五(1858)年の原本を出してもらって確認しました。

R58-141113CIMG9035
下半分が白いのはこの帳面から削除済みというしるしの貼紙があるからです。
上半分の文字の書かれた張り紙は、この場所か隣などに引っ越してきた家の
家族情報の追加のメモで、新年度の帳面を作るときに書き加えられます。

この帳面からの削除理由は「播磨屋久兵衛かし家江変宅」と移転であることが
開いている部分に小さく書き込まれています(下写真の左上)。
R58-141113CIMG9041k
その下には、息子の力松が四国巡礼に行ったので通行手形を発行したと
書かれていて(伜力松心願之儀有之四国巡拝罷出候ニ付往来手形差出ス)、
次年度の帳面には名前がありませんでした。

 

-活動日2015.2.26.(木)  団員7名+学芸員1名 郷土資料館にて-

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました