*

お地蔵さまサミット

      2015/02/25

歴史調査団の地蔵班は市内の悉皆調査を終わり報告書を発行して、調査活動は
基本的に終了していますが、先日京都で開かれた「お地蔵さまサミット」という
イベントに参加してきました。(学芸員さんの撮った写真を借りて書いています)

DSCF1687x
郷土資料館の担当学芸員と団員2名で出向き、調査報告の展示をしたり、
調査活動について発表したりと頑張ってきたそうですが、他と比べると
ちょっと(かなり?)地味だったかなというのが反省点だそうです。
確かに文字情報が多めのようですし、他団体の展示をみると写真が多かったり、
地蔵盆の提灯を飾ったり地蔵ゆるキャラを作ったりと賑やかなようですね。

この展示会場の真ん中には囲炉裏端を模した机が用意されて地蔵に関する本を
見たり地蔵談議に花を咲かせられるようになっていたり、また別会場では
大学教授による講演やシンポジウムもあったそうです。

DSCF1618x DSCF1633x
このように「地蔵を祀っていたり地蔵盆をしている側の展示もあり、京都市の
文化財保護課といった調査している側の展示もあったりで、色々なお話がきけて
楽しかったから、また次にこういった集まりがあったら参加したいですね~」
と学芸員さんはとても楽しそうでした。

.
<参考>
朝日新聞 京都)京都市内に地蔵はいくつ? サミットで経過発表
http://www.asahi.com/articles/ASH2Q52GRH2QPLZB009.html

京都新聞 京都のお地蔵さん、研究成果を発表 大学などがサミット
http://kyoto-np.jp/education/article/20150222000100

ツイッター #‎お地蔵さまサミット‬@京都 2015.2.22 – Togetterまとめ
http://togetter.com/li/786394

.
——————————————————

<2015.2.15.記事>

「お地蔵さまサミット」
 2015年2月22日(日)  9:00~17:30
キャンパスプラザ京都 2Fホールと4F第2講義室
主催:京都の「地蔵」信仰と地蔵盆を活かした地域活性化事業実行委員会
共催:花園大学/京都府立総合資料館/京都市
FBページ https://www.facebook.com/events/1579239265649729/?ref=52&source=1

150214CIMG0239 150214CIMG0241

共催の花園大学の師茂樹准教授のツイッターもちょっと見てみたら、「京都市内の
お地蔵様の(いつ終わるとも知れぬ)悉皆調査(別名「とりあえず全部数えてみよう」)」
っていうコメントの気持ちはよくわかりますね(笑)
西宮市内でも全部の道をくまなく歩いたそうだから、京都の特にまちなかだと路地の数も
お地蔵さんの数も大変そうですものね。

参加した団員や学芸員の話が聞けたらまたご紹介します。

 

 -.活動報告, 地蔵班

  関連記事

調査団 地蔵班・調査報告書作成

西宮歴史調査団では身近にあるお地蔵様についての悉皆調査をおこなっていました。 街中をくまなく歩いてひ

平成30年度西宮歴史調査団活動報告会

西宮歴史調査団の平成30年度の活動報告会が行われました。 団員の他、一般の方も10人近く発表を聞いて

西宮の石造物

2013年10月16日(水)の歴史講座 「西宮の石造物-西宮歴史調査団の 活動からわかった新たな歴史

調査団 定例会・190713・名塩和紙学習館

毎月一度全体で集まって打合せをしたり勉強会をしたりしている定例会ですが今回は名塩和紙学習館での紙漉き

平成25年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内の身近なところにある文化財を調査して 記録に残し、その成果を

調査団 定例会・191214・浜東町まち歩き

調査団10月定例会で、古文書班が昨年度まで調査していた浜東町に関連しての現地解説を行う予定でしたが、

西宮の地蔵

西宮歴史調査団の活動報告書の第2集「西宮の地蔵」が出来ました! (第1集は「甲山八十八ヶ所」です)

平成28年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団の2016年度の活動がスタートしました。 今年度も橋梁・石造物・古文書・竜吐水の4班で

調査団月例会・140614・写真の撮り方

毎月第二土曜日は西宮歴史調査団の定例会で、各班のメンバーが郷土資料館に 集まり勉強会や各班の打ち合わ

2012.4.14.

平成24年度西宮歴史調査団活動

西宮歴史調査団は、市民が主体となって市内に点在する文化財を調査し その成果を書物や展覧会などで発表す