西宮流へ戻る

調査団 古文書班・121226・年内最終活動

西宮歴史調査団の古文書班の年内の活動が今日で終わりました!
前回は担当している冊子を読み終わったので確認の見直しを始めましたが、
今日は最後まで見直せたので年末を前になんとなく一区切りついてスッキリです。

この一冊だけを読んで気になることについて勝手にいろいろ調べていることは、
また次回から記事を書いて紹介したいと思います。
ちなみに、旦那寺の所在地についてと、こんな屋号がありましたということに
なると思います。

以前には判子の形のいろいろとか、似た崩し字の比較とかも紹介しています。
あとは男女比や年齢構成などを調べてみてもおもしろいかとは思うのですが、
時間がかかりそうですし、後々の本格的な研究においておく事にします(笑)

各班それぞれにメンバーの都合をつけて調査活動していますので、こんな
年末ギリギリまでするのは室内で調査する古文書班ぐらいかと思ったのですが、
明日西宮神社で石造物班の調査をする予定と聞いています。
逆さ門松の奉納も見に行きたいので、調査活動も見てきたら紹介しますね。

-活動日2012.12.26.(水) 団員6名+学芸員2名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

タイトルとURLをコピーしました