西宮流へ戻る

調査団 古文書班・200708・身躰限り

7月になってようやく今年度の古文書班活動がスタートしました。
今までも広い部屋で集まっていましたが、隣の席との間隔をさらにあけるように
机の並び方を変えたりして、新しい生活様式下での活動をいろいろ試しています。

さて、今年度も引き続き浜石在町宗門帳の調査です。
7年かかった浜東町と比べて、冊数は多いのですが一冊がかなり薄いので
順調に進めば今年度で終わりが見えてくる!かも? らしいです。

移動などの変更事項をメモ書きしている小さな文字の中に「身体限り」という
見慣れない単語が出てきました。

身代(しんだい)限り
近世において無担保の債務を弁済するため、公権力の命令により債務者の
財産を没収し、債務弁済に充てる方法。
町人・百性の債務決済方法として広汎に適用された。
債務を決済させるための最終的方法であって、それに至るまでにも債務弁済を
強制するための様々な方法がとられた。    <国史大辞典より抜粋>

ほかの辞書も見出し語では「身代限り」となっていますが、身体(しんたい)限りや
身上(しんしょう)限りとも言う、という記載のものもありました。
借家住まいの人でしたが、借金返済で一文無しになったので知人か縁者の家に
同居させてもらうことになった、というかんじでしょうか。

-活動日2020.7.8.(水)  団員8名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

タイトルとURLをコピーしました