*

青石古墳見学会

      2014/11/09

指定文化財公開展「西宮市指定の史跡・古墳
2014年10月28日(火)~11月30日(日) 西宮市立郷土資料館

11月8日(土)の見学会に参加した感想ご紹介します。


毎年秋に西宮市内の指定文化財を紹介する展示があり、今年は古墳です。
郷土資料館では仁川の五ヶ山古墳、上ヶ原の関学構内古墳苦楽園の老松古墳
山口町の青石古墳について出土品などの展示がされています。141107CIMG8865 141107CIMG8870
展示に関連して、11月8日(土)に山口町の青石古墳に見学に行きました。
名来地区を超えて西宮の北の端、神戸市北区の水道施設のそばの「太陽と緑の道」
というハイキングコースの途中に青石古墳はありました。
141108IMG_8906x 141108CIMG8902x
ハイキング道は古墳の後ろ側のこんもりした部分の上を歩く感じになりますが、
説明看板に気づいて下へ寄り道すると古墳の石室の口が開いています。
昭和40年に地元の人が石の穴を発見したので調査したところ、盗掘されていましたが
須恵器や土師器などの焼き物や鉄くぎなどが見つかったそうです。
花崗岩の割石で壁面を作り、天井にはさらに大きな石を5枚乗せた構造が当時のまま
残っているという横穴式石室の内部を見学しました。
141108CIMG8908x 141108CIMG8912x141108CIMG8929x 141108CIMG8936x
西宮の地図で見ると一つだけポツンと古墳があるように見えますが、地図の範囲を
広げてみるとこのすぐ北の神戸市北区道場町にはヨタノ谷古墳群があり、青石古墳は
これらの古墳群の南端にあたるんだなとよくわかりました。
そこで、神戸市側にあるすぐ近くの古墳も見学しましたが、こちらは天井石が
なくなって壁だけ残っていた石室を埋め戻してあり、今はその上に鉄塔が建てられて
いました(上の最後の写真)。

 

二回目の古墳見学会「関西学院構内古墳・仁川五ヶ山古墳群」があります。
平成26年11月15日(土)10:00~12:00
阪急「甲東園」駅改札口前集合 → 阪急「仁川」駅解散
事前申込不要  参加費不要  歩きやすい靴・服装で参加のこと
雨天中止。催行確認は当日午前8時30分以降に郷土資料館に電話で。
詳細は西宮市HPで
http://www.nishi.or.jp/contents/0002091100040004800236.html

 -歴史講座・現地見学会など,

  関連記事

西宮の講

西宮の講

第27回特別展示 「西宮の講-つどいの民俗-」 2011年7月17日(日)~8月31日(水)  西宮

西宮の前方後円墳

第29回特別展示 「西宮の前方後円墳 -津門稲荷山古墳をさぐる-」 2013年7月30日(火)~9月

西宮の祭礼の展示解説

郷土資料館の特別展示について、学芸員さんの調査中の苦労話を交えながら、それぞれの 神社や氏子会などの

「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」

第32回特別展示「西宮町人の生活と文化ー江戸時代の日記を読み解くー」が始まりました。 http://

高畑町遺跡出土木製品

毎年11月に西宮市立郷土資料館で開催される西宮市内の指定文化財を紹介する 指定文化財公開展は、今年度

東六甲採石場 国史跡指定記念セミナー

「『大坂城石垣石丁場跡 東六甲採石場跡』とは何か」というセミナーが プレラホールで開催され、多くの人

調べた!見つけた!なまぜ-生瀬地区文化遺産調査から-

西宮市立郷土資料館で開催中の特集展示「まちのきおく」に関連しての講座 「調べた!見つけた!なまぜ-生

西宮神社の石灯籠に誘われて

市民が語る「西宮いまむかし物語」@にしきた 第2弾 「西宮神社の石灯籠に誘われて ~私が千葉まで旅し

西宮の食習・調理実習

2月20日に郷土資料館で講座があった「西宮の食習」ですが、それに関連しての 「からしそうめん」を作っ

老松古墳現地説明会

2012年6月3日、苦楽園にある西宮市指定史跡「老松古墳」の史蹟整備が完了したことに ともなう現地説