*

調査団 古文書班・161216・備中屋利助

   

今日は北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」を紹介するニュースを
見た方が見学に来られましたので、広報活動として役に立っているようですね。

さて、この活動報告展示会場に展示している宗門帳ですが、以前このブログでも
紹介したことのある備中屋利助一家を追いかけたものになっています。
ブログに取り上げたのは判子が覚えやすくてたまたま目に留まったから
という理由だけなのですが、展示に使うことになり改めて確認してみると、
いろいろと移動などもあり興味深く見てもらえるかなと思います。

安政5(1858)年10月の借地宗門帳に名前があった備中屋利助一家ですが、
翌年3月に息子辰蔵が家出し9月に息子力松が四国巡拝の旅に出るなどで
家族も減ったからなのか、年度末の9月の追記に借家に引っ越しとあります。

安政6(1859)年10月からは追記通りに借家の分類のなかに名前があり、
翌年9月には母親けんが死亡しまた家族が減りました。

安政7(1860)年分の宗門帳は残っていないのですがたぶん変動はなくて、
文久元(1861)年10月の宗門帳の一番最後にあたる文久2(1862)年9月の
追記に息子力松が四国巡拝より帰郷として名前が加えられました。

1859年9月に旅立ち1862年9月に帰郷と丸3年不在だったわけです。
現代での歩き遍路は5~60日ぐらいと聞いたことがありますが、四国まで
行くのにも歩きが多いか船が多いかによっても日数が変わるとは思いますが
なんとなく一年がかりぐらいで帰ってこれるのではないかと思うので、
3年もかかるとなると他にどこへ行っていたんだろうと思ってしまいます。

 

-活動日2016.12.16.(金)  団員8名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班, 西宮歴史調査団

  関連記事

調査団 古文書班・130201・尼崎の旦那寺

濱東町借家住人で武庫川の向こうの尼崎に旦那寺を持つ人も、何軒かありました。

調査団 古文書班・140424・三年目の活動

今年度も古文書班に登録したのでそれをメインにして紹介します。 また時々は 西宮神社で調査活動中の石造

調査団 古文書班・131105・針醫師

文久三(1863)年の浄土宗宗門帳に新しい職業記載を見つけました。

調査団 古文書班・180511・浜東町確認作業

今年度古文書班に加わった2人の新人さんは、最後に残った宗門帳を ノートに書き写す作業を担当することに

調査団 古文書班・女性の名前(わ~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめました。

調査団 古文書班・131015・右か左か

筆文字の崩し字は楷書では似てなくてもよく似ている文字などもありますが、 もともと似ている文字はさらに

調査団 古文書班・141225・旦那寺地図

今までの調査の中で旦那寺の所在地を地図にしたものをまとめておきます。 いずれもたまたま調査したある年

調査団 古文書班・151125・印判師

律令時代に中国の風習で官印(役所名の印・金印の漢委奴国王のような四角くて 大きめのイメージ?)が伝わ

120711CIMG8819k

調査団 古文書班・引越しました

以前ここに書いた古文書班の記事を見た古文書班のメンバーから、同じ家族が その人の担当している冊子にも

調査団 古文書班・140718・めでたい判子

判子の話題続きでついでに、縁起のよさそうな文字を集めてみました。 もちろん私が読める範囲でということ