*

調査団 古文書班・161216・備中屋利助

   

今日は北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」を紹介するニュースを
見た方が見学に来られましたので、広報活動として役に立っているようですね。

さて、この活動報告展示会場に展示している宗門帳ですが、以前このブログでも
紹介したことのある備中屋利助一家を追いかけたものになっています。
ブログに取り上げたのは判子が覚えやすくてたまたま目に留まったから
という理由だけなのですが、展示に使うことになり改めて確認してみると、
いろいろと移動などもあり興味深く見てもらえるかなと思います。

安政5(1858)年10月の借地宗門帳に名前があった備中屋利助一家ですが、
翌年3月に息子辰蔵が家出し9月に息子力松が四国巡拝の旅に出るなどで
家族も減ったからなのか、年度末の9月の追記に借家に引っ越しとあります。

安政6(1859)年10月からは追記通りに借家の分類のなかに名前があり、
翌年9月には母親けんが死亡しまた家族が減りました。

安政7(1860)年分の宗門帳は残っていないのですがたぶん変動はなくて、
文久元(1861)年10月の宗門帳の一番最後にあたる文久2(1862)年9月の
追記に息子力松が四国巡拝より帰郷として名前が加えられました。

1859年9月に旅立ち1862年9月に帰郷と丸3年不在だったわけです。
現代での歩き遍路は5~60日ぐらいと聞いたことがありますが、四国まで
行くのにも歩きが多いか船が多いかによっても日数が変わるとは思いますが
なんとなく一年がかりぐらいで帰ってこれるのではないかと思うので、
3年もかかるとなると他にどこへ行っていたんだろうと思ってしまいます。

 

-活動日2016.12.16.(金)  団員8名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班, 西宮歴史調査団

  関連記事

調査団 古文書班・151125・印判師

律令時代に中国の風習で官印(役所名の印・金印の漢委奴国王のような四角くて 大きめのイメージ?)が伝わ

調査団 古文書班・170727・川辺郡

最近ブログを更新していませんが、古文書班の活動は今年度は毎週あります。 見学も可能ですので興味のある

調査団 古文書班・160318・嫁

  宗門帳には戸主を筆頭に家族の名前と戸主との続柄が書かれています。 親夫婦と息子夫婦が一家にいる場

調査団 古文書班・130118・鳴尾の旦那寺

「濱東町 安政六己未歳十月 借家 一向宗門帳」に出てくる旦那寺ですが 鳴尾村には四軒もありました。

調査団 古文書班・121116・判子の形

宗門帳に押してある判子はほとんど丸型ですが、ときどき違う形があります。

調査団 古文書班・180511・浜東町確認作業

今年度古文書班に加わった2人の新人さんは、最後に残った宗門帳を ノートに書き写す作業を担当することに

調査団 古文書班・121114・楷書風の判子

今回も見学者がふたりもいらっしゃって、なんだかにぎわっています。 当初の古文書班登録メンバーは確か1

調査団 古文書班・140606・神戸の旦那寺

現在調査担当しているなかに、新しい旦那寺が出てきました。 一向宗兵庫津西光寺です。

調査団 古文書班・150821・養子

宗門帳には、人物が移動した場合には理由が書かれている場合があります。 小さい字だし、翌年度に新しい冊

調査団 古文書班・160323・年寄

年度末の最後の活動日、ちょうど一冊が終わりました。 字の読みやすさやページ数の多少などいろいろ違いは