*

調査団 古文書班・161216・備中屋利助

   

今日は北口図書館で開催中の「西宮歴史”発見”物語」を紹介するニュースを
見た方が見学に来られましたので、広報活動として役に立っているようですね。

さて、この活動報告展示会場に展示している宗門帳ですが、以前このブログでも
紹介したことのある備中屋利助一家を追いかけたものになっています。
ブログに取り上げたのは判子が覚えやすくてたまたま目に留まったから
という理由だけなのですが、展示に使うことになり改めて確認してみると、
いろいろと移動などもあり興味深く見てもらえるかなと思います。

安政5(1858)年10月の借地宗門帳に名前があった備中屋利助一家ですが、
翌年3月に息子辰蔵が家出し9月に息子力松が四国巡拝の旅に出るなどで
家族も減ったからなのか、年度末の9月の追記に借家に引っ越しとあります。

安政6(1859)年10月からは追記通りに借家の分類のなかに名前があり、
翌年9月には母親けんが死亡しまた家族が減りました。

安政7(1860)年分の宗門帳は残っていないのですがたぶん変動はなくて、
文久元(1861)年10月の宗門帳の一番最後にあたる文久2(1862)年9月の
追記に息子力松が四国巡拝より帰郷として名前が加えられました。

1859年9月に旅立ち1862年9月に帰郷と丸3年不在だったわけです。
現代での歩き遍路は5~60日ぐらいと聞いたことがありますが、四国まで
行くのにも歩きが多いか船が多いかによっても日数が変わるとは思いますが
なんとなく一年がかりぐらいで帰ってこれるのではないかと思うので、
3年もかかるとなると他にどこへ行っていたんだろうと思ってしまいます。

 

-活動日2016.12.16.(金)  団員8名+学芸員1名 郷土資料館にて-

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

 -古文書班, 西宮歴史調査団

  関連記事

調査団 古文書班・140704・判子の向き

判子には文字が読めるように天地があるはずなのですが、けっこうあっちこっち いろんな方向を向いています

調査団 古文書班・140516・代判の理由

宗門帳の確認の印は戸主が押しますが、戸主が女性や十代ぐらいの 若い男性の場合は代わりに印を押す成人男

調査団 古文書班・190724・代判人の書き方

西宮町宗門帳の調査は、昨年度までは浜東町(現用海町や石在町東側あたり)、今年度からはその西隣の浜石在

調査団 古文書班・120601・嘉永三年と六年

古文書班活動、前回紹介した年度違いの冊子について一例を紹介します。  (文字を読み間違えていることが

調査団 古文書班・130123・神戸の旦那寺

西宮町借家在住者の旦那寺は神戸方面にもありました。 Related Posts:調査団 古文書班・1

調査団 古文書班・131119・印の変更

理由はわからないのですが、ハンコが変わっているケースがありました。 Related Posts:調査

西宮歴史調査団の過去・現在・未来

さくらFMで放送中の「西宮徹底解剖」7月のテーマは西宮歴史調査団です! 古文書班・石造物班・橋梁班・

調査団 古文書班・190426・筆写開始

浜石在町宗門帳96冊の調査台帳作成が前回終わり、いよいよ筆写スタートです。 今までは見たそのままをノ

調査団 古文書班・170824・飾西郡

郡の名前が二文字目は西だと思ったのですがよくわからなくて、地名辞典で 調べると播磨国飾西(しきさい)

調査団 古文書班・女性の名前(わ~)

今までの調査で出てきた女性の名前の一部を簡単にまとめました。 Related Posts:調査団 古