*

調査団 古文書班・120509・調査活動開始

      2014/09/06

西宮歴史調査団の新しい調査活動「古文書班」の活動が始まりました。
古文書班は西宮市所蔵文書のうちの西宮町の宗門帳を翻刻する作業に取り掛かります。

これはどこが持っていたものか由来ははっきりしないのですが、おそらく西宮町を管轄していた
大坂町奉行所の勤番所関係の書類のようで、大坂で作られた宗門帳と形式が似ているそうです。

まずは資料の取り扱い方の注意事項を聞き、いよいよ古文書とご対面。
読めません・・・、と早速あせりましたが、読みやすい文字のものからするみたいです。

2012.5.9. 西宮市所蔵文書 120509CIMG8162s

今回の資料整理にあたりまずは冊子の状態の表紙を一冊ずつ撮影し、その写真を貼って
目次のようなものにする台帳の用紙を準備しました。
今日は40冊ぐらい撮影したと思いますがまだまだあるので次回も撮影作業です。

120509CIMG8169ts 120509CIMG8167s

このように、文書を所蔵しているということは把握しているけれども中身の解読はまだという史料が
あるようなのでこれからちょっとずつがんばって読んでいく予定です。

宗門帳の内容の掲載については郷土資料館の許可を得ております。

-活動日2012.5.9.(水) 団員7名+学芸員2名 郷土資料館にて-

 

西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298   月曜休館

 

 -古文書班

  関連記事

調査団 古文書班・150619・浜方庄屋

他のメンバーの調査中の史料にちょっと変わった肩書の住人がいました。 「濱方庄屋」有岡太兵衛 です。

調査団 古文書班・121116・判子の形

宗門帳に押してある判子はほとんど丸型ですが、ときどき違う形があります。

調査団 古文書班・140516・代判の理由

宗門帳の確認の印は戸主が押しますが、戸主が女性や十代ぐらいの 若い男性の場合は代わりに印を押す成人男

調査団 古文書班・140522・男か女か

いいお天気でしたが、今日は窓のない狭い部屋でほぼフルメンバーで 集まったら室温もあがって急に眠くなっ

調査団 古文書班・160427・壁新聞

郷土資料館の展示室前の壁面に歴史調査団紹介をいろいろ貼っています。 定番の各班の活動内容の紹介のほか

調査団 古文書班・171020・伊丹の旦那寺

北河原村来迎寺 は現在の伊丹市北河原二丁目にあるお寺のようです。   -活動日2017.1

調査団 古文書班・150212・土地の所有者

今調査しているのは浜東町に住んでいる人の宗旨人別帳ですが、 自分所有の土地に住んでいる人(家持)、借

調査団 古文書班・女性の名前(あ~)

今までいろいろ見てきた中で出てきた女性の名前をまとめてみようと思います。

西宮歴史調査団

西宮歴史調査団は、指定や登録はされてはないけれど市内の身近なところに残っている大切な歴史資料文化財を

調査団 古文書班・150918・同家

人の移動に関して「同家」というものもあります。 同居人の意味合いではあるのですが、親戚なら続柄を書く