*

瓦木周辺の文化財をめぐる

      2017/05/21

さくらFMの「まちたびラヂヲ」という番組の特別編でラジオの生放送と一緒に
現地を見学するウォークに参加してきました。
いままでにも鳴尾や甲山などを歩く内容がありましたが、今回のコースは
西宮北口から甲子園口の瓦木地区を歩きました。
スタジオ放送や現地の学芸員からいろんな話を聞きましたが、たくさんあるので
今日歩いたポイントを写真で簡単に紹介します。

西宮北口アクタ西宮の円形デッキに集合
161120cimg1803_0x
高木八幡神社の道標を見たり、高木熊野神社へ寄ったり、
161120cimg1803_2188x 161120cimg1803_2191x
瓦木消防署では昔使われていた消火用具などの展示を見ました。
161120cimg1803_2195x 161120cimg1807_2198x
日野町の武庫川そばに江戸時代後期の念仏行者の徳本上人の名号石があります。
そのすぐ横の公園はいろんな木が紅葉していました。
161120cimg1810_2207x 161120cimg1811x
江戸時代にはタケノコ見物の名所だったらしい日野神社から、極楽寺へ。
161120cimg1822_2208x 161120cimg1828_2215x
旧尼崎藩の大庄屋の岡本家でも消火用具の竜吐水を見学。
岡本家に伝わった文書があってこそ、江戸時代のこのあたりの様子がわかります。
161120cimg1830_2219x 161120cimg1830_2222x
大正時代に作られた瓦木村道路原標は下の方が一部埋まってしまっていますね。
明治時代に作られた二見町のマンボウはJR線の拡幅の様子がわかります。
161120cimg1833x 161120img_2227x

さくらFM まちたびラヂオ特別編 「瓦木周辺の文化財をめぐる」
2016年11月20日(日)開催

 

 -まち歩き, 歴史講座・現地見学会など, 西宮市立郷土資料館,

  関連記事

慶長十年摂津国絵図

指定文化財公開&特集展示「国絵図・町絵図・村絵図」展が始まりました。まず初めは、貴重な資料の

八十塚古墳群の時代展 現地見学会

8月4日(土)にあった郷土資料館の特別展示に関連の現地見学会に行ってきました。 危険な暑さを記録する

青石古墳見学会

指定文化財公開展「西宮市指定の史跡・古墳」 2014年10月28日(火)~11月30日(日) 西宮市

阪神沿線ごあんない―にしのみやの郊外生活―

西宮市立郷土資料館で開催の、阪神沿線7館合同企画展 阪神沿線の文化110年 『阪神沿線ごあんない―に

案内板

旧西宮市立図書館のステンドグラス

以前市役所の横にあった旧西宮市立図書館の窓を飾っていたステンドグラスが 市内各所の図書館に残されてい

西宮神社大練塀の修復

今年は阪神淡路大震災から25年ということで、西宮市立郷土資料館でも当時を振り返る展示が行われていて、

具足塚古墳現地解説会

具足塚(ぐそくづか)古墳が西宮市史跡に指定され、現地見学会がありました。 場所は広田神社前バス停すぐ

上ヶ原用水路をたどる

関学の裏にある西宮市指定文化財「史跡上ヶ原用水路」に関する展示が おこなわれているので(2012年1

住吉神社の夏祭

西宮砲台の近くの住吉神社の夏祭へ行ってきました。 平成になった頃にだんじり巡行は途絶えたそうですが、

「大坂城石垣石丁場跡」関連講座

国史跡に指定されることとなった「大坂城石垣石丁場跡 東六甲石丁場跡」に 関連するセミナーなどがいくつ