西宮流へ戻る

調査団 竜吐水班・160308・山口地区消防分団

竜吐水班二回目の消防分団調査は山口地区へ行きました。
船坂分団の火の見櫓には今も半鐘が吊り下げられています。

funasakaCIMG7568x funasakaIMG_0752x
funasakaCIMG7555x
山口町郷土資料館には明治18年の竜吐水が二つあります。
入口を入ってすぐの「山口芝」と展示室入口の「雲龍水・中野村」ですが、
山口地区に芝という地名を聞いたことがないのですが…。
tokufuIMG_0757x tokufuIMG_0758x
tokufuCIMG7580x tokufuCIMG7579x
上山口分団には火の見櫓はありません。
横にある上山口公会堂の入口に昔の消防道具が展示されています。
kamiyamaCIMG7589x kamiyamaIMG_0765x
明徳寺には年代不明のかなり大きめの竜吐水が軒下に吊り下げられています。
myotokuji-IMG_0766x myotokuji-CIMG7609x
下山口分団は数年前に建て直されていて今は火の見櫓はありませんが、以前は
吊り下げられていた半鐘や過去の記念写真などを見ました。
いつのものかわかりませんが、まといも天井近くに飾られていました。
shimoyamaCIMG7626tx
shimoyamaCIMG7619x shimoyamaCIMG7625x

今回の調査も、きっちり記録する人と写真もきちんと撮る人がいて、私は
サイズを測る手伝いなどでちょこまかしているだけで何も控えませんでしたので
今この記事をまとめながらいろいろ覚えていないことが出てきて困ってます。
もうちょっと予習して道具の名称などを憶えておかないといけないなと反省です。

 

-活動日2016.3.8.(火)  団員5名+学芸員1名 -

これは西宮歴史調査団公式ブログではなく、団員による個人的なブログです。
西宮歴史調査団についてのお問い合わせは西宮市立郷土資料館まで。
西宮市川添町15-26  tel:0798-33-1298  月曜休館

コメント

タイトルとURLをコピーしました